「誰がなんて言おうと関係ないわ。自分は自分、他人は他人。自分を貫くだけよ!」

個性的な眉が原因でイジメられるも、自分を貫き、イジメを克服。今や、その眉を武器に(誇りに)モデル活動を行っている女性が「素晴らしい考え方ね。感動したわ。」「自分に自信を持てばコンプレックスは武器になるんだね。」とインスタグラムを中心に話題沸騰!その生き様、美学によって多くの人々に勇気を与えていたので紹介したいと思います。

メキシコの現代絵画を代表する画家であり、民族芸術の第一人者としても数えられる画家・Frida Kahlo。眉毛がつながった自画像を多く描いていることでも有名な画家ですが、そんなFrida Kahloの作品に陶酔、まるで作品から浮き出てきたかのようなコチラの女性が、現在、海外の大手メディアも注目している女性モデル・Sophia Hadjipanteliさん。(20歳)

ちなみにFrida Kahloの作品と見比べてみると…いかにそっくりか一目瞭然ですね。

地中海・キプロス(Cyprus)島の移民であると公表しているSophiaさん。なお、元々は、髪も眉もブロンドなのだそうですが、あえて眉毛の濃さを際立たせるために、眉毛を黒にカラーリングしているのだとか。

「眉の濃さは私の個性。誇りに思うわ!」

遺伝的に小さい頃から眉毛が濃かったというSophiaさん。小さい頃はさすがに耐えきれず、眉毛を剃っていたとのことですが、成長にするにつれて、唯一無二の個性である眉を受け入れるようになったというSophiaさん。

そして、兄弟から「お前の眉は決して変じゃない。素敵だ。」と言われたことで、眉に対し自信を持つようになったというSophiaさん。その日以来、眉毛を処理するのをヤメたのだそう。

濃い眉毛を「私の額の一羽の小鳥」と称し、生まれながらの自分、オリジナリティにプライドを持っていたFrida Kahloのように、自分の眉に誇りを持つSophiaさん。

そんな彼女の生き様・美学に、現在、多くの人々がインスパイアされています。

「細い眉が好きな人もいれば、太い眉が好きな人だっている。私はユニブロウ(1本眉)をとても気に入っているのよ!」

「剃った方がいい!っていう人もいるけど、私は私だし、誰に何を言われようと止めるつもりはないわ!」

「自分が好きなスタイルなんだもん。そのスタイルを堂々と表現してもいいんじゃない?」

自分を貫くSophiaさん。若い女性であれば、どうしても周りの意見を気にしがちですが、若いのにここでまで自分の意志、美学を持っているとは…本当に素晴らしいの一言ですね。

目まぐるしい勢いで変化するメイクの流行。5年後、ひょっとすると「ユニブロウ」が大流行しているかもしれませんね。(笑)

あれ!?違和感が無くなってきた?!

昨今、個性を尊重するようになってきているモデル業界。Sophiaさんが世界のトップシーンで大活躍する日…そう遠くはないかもしれませんね。

自分に自信を持つことの大切さを身を持って示すSophiaさん。心打たれた方は是非、彼女のインスタグラム。覗いてみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら