記事提供:messy

川谷絵音のTwitterより。

「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音(28)が、メンバーと共に9月21日放送の『アウト×デラックス』(フジテレビ系)に出演し、ベッキー(33)との“ゲス不倫”について語った。

不倫騒動後、ベッキーとは破局し、女優のほのかりん(20)との熱愛が報じられた川谷。

MCのマツコ・デラックス(44)に「1人目(ベッキー)、そんなに好きじゃなかったでしょ?」と聞かれると、「僕が言うと嘘になっちゃうかもしれないですけど、本当に好きだったんですよ。けど、『絶対に無理だ』ってことがあったんで(別れた)」と明かした。

ほのかりんについては、MCの矢部浩之(45)に「2人目の方が遊びちゃうかな」と言われると、「自分では(ベッキーとの破局で)ダメージ受けてないつもりでいたし、音楽やっていればいいやと思っていたんですけど、結構俺、中身がすごい繊細なんで。寂しがりやなんですよ。誰かいないとダメな性格というか」と語った。

ほのかりんとは寂しさを紛らわすために付き合っていたのだろうか?

ほのかりんとは今年6月頃に破局していた川谷。番組でも「最初からケンカばかりしていて。それでも、8カ月くらい一緒にいた」と話している。

マツコから、「2人目に関していうと、違う目的があって(売名など)近づいたんじゃないか」と聞かれると、「いい子なんですよ、本当に」とフォロー。マツコには「だから、おまえはダメなんだよ」と言われていたが…。

“ゲス不倫”のイメージが先行しているため、ネットには川谷に嫌悪感を抱く声が上がっているが、意外にも、川谷のことを「かっこいい」「雰囲気が好き」と好意的に見る声も出はじめている。

マツコたちからの質問に素直に答えていた姿が好印象を与えたのかもしれない。番組中に即興で作った歌についても、「川谷絵音の音楽の才能は認めざるをえない」と高く評価する声が上がっている。

そもそも川谷はモテる男だ。ベッキーに続きまだ19歳だった美少女を“落とした”という実績がなによりの証拠だろう。

番組では「全ッ然、自分から行けない(アプローチできない)タイプ」「恋愛経験がそんなになくて」と語っていた川谷の過去の交際人数は「5人」だそうだ。

「なぜモテる?」と言われがちな川谷だが、今回の『アウト×デラックス』を見るとその理由がなんとなくわかる。川谷は“ダメ男にハマりがちな女が好きなタイプ”なのだ。川谷は言わずもがな、地位と才能を持った人物だ。

取り巻く雰囲気もどこか独特で柔らかい。ヤリチンにありがちな「女なんてチョロい」という目線はおくびにも出さない。“ゲス”だけど魅力的に見える女性もいるだろう。かつ川谷は「誰かいないとダメな性格」を自称している。

男に「寂しい」と頼られたら、自尊心も満たされそうだが、母性本能も働きそうだ。まさにダメンズウォーカーがハマりそうな男なのだ。

番組中には、以前からファンだったという遠野なぎこ(37)が川谷に「めちゃくちゃタイプなんです」と猛烈にアプローチしていた。

普通の男性であれば、苦笑いしてしまうシチュエーションだったが、川谷は優しく対応し、好きなタイプを聞かれた際には、「本当にタイプがなくて」と返答をしている。

こういうどっちつかずの男性は苛立ちもするが、だからこそ我が物にしようと燃える女性もいるだろう。

番組で、「(ベッキーのことが)本当に好きだった」とさらりと言った川谷。もしかすると、無自覚で天然の“魔性の男”なのかもしれない。

権利侵害申告はこちら