空中で体を横方向に5回転、縦方向に4回転させる大技「Quad cork 1800(クワッドコーク1800)」をスキーで初めて成功させたスイス人フリースタイルスキーヤー・Andri Ragettli(19歳)が9月11日、自信が開発したというパルクール式トレーニング法をYouTubeに公開。

これが「凄い!とても人間業だとは思えない!」「信じられないバランス感覚。頂点に立つ男はやはり違うんだな」とネットを中心に話題沸騰!多くの人々の度肝を抜いていたので紹介したいと思います。

2016年に行われたフリースタイルスキーのワールドカップで、スロープスタイル種目のチャンピオンに輝いたAndri Ragettliさん。

なお、現在は、2018年2月に韓国の平昌(ピョンチャン)で開催される「第23回冬季オリンピック」に狙いを定め、日々、トレーニングを積んでいるのだそうですが、さすがはフリースタイルスキー世界一の実力を持つAndriさん。そのトレーニング方法は完全に異次元レベル!まるでパルクール(フリーランニング)を見ているかのような…あまりにも衝撃的な光景が繰り広げられていました。

驚異のバランス感覚!これが「パルクール式トレーニング法」だ!

2.5~3mはありそうな場所からバランスボールに目掛けてジャンプするシーンから始まる…このパルクール式トレーニング法。普通の人なら足グキッ必至!確実にアキレス腱をやられるに違いありませんが…

驚異のバランス能力を発揮するAndriさん。ジャンプの勢いを体全体で吸収。何事もなかったかのように、パルクールコースを進んでいきます。

段違い平行棒のような細い棒も、両手をつかず、跳躍力だけで突破。

またトランポリンでは、華麗なるジャンプを披露!

その高さは3度見必至レベル!

続いて、体幹の強化に効果的な「スラックライン」に突入するAndriさん。

ソチ五輪で銀メダルを獲得した葛西紀明選手がトレーニングの一環に取り入れていたことでも有名なスラックラインですが…Andriさん。あっという間に完走。その姿はまるで地上を駆け抜けているかのよう。

次の難関は筒状のパイプ。

力が加わると転がっていくがゆえに、一筋縄ではいかないはずなのですが…

コチラもいとも簡単に成功!

トップフリースキーヤーの身体能力。一体、どうなっているのでしょうか?

その後も、素人なら確実に怪我をしそうなコースを、休憩することなく一気に突き進んでいくAndriさん。

バランスボールも三段ジャンプで余裕のクリア!

完全に超人!もはや人間業とは思えない!

では、世界一のフリースタイルスキーヤーが魅せる、衝撃のトレーニング風景。どうぞご覧下さい!

出典 YouTube

足に吸盤でも付いているかのような…異次元すぎる動き!さすがはAndriさん、世界一に君臨しているだけのことはありますね。

なお、このトレーニングよって培った身体能力。発揮している動画が↓コチラ!(※音量注意)

「Triple 1440」を決めた動画も合わせてどうぞ!

凄い!いや、凄すぎる!

人並み外れた、いや、人並み外れ過ぎた身体能力。やはり、オリンピックに出場するような選手はレベルが桁違いですね。

先程も述べましたが、2018年2月に韓国の平昌(ピョンチャン)で開催される「第23回冬季オリンピック」に狙いを定め、日々、トレーニングを積んでいるというAndriさん。おそらく表彰台に絡んでくるのは間違いないので、興味を持った方はAndriさんのインスタグラム。是非、チェックしてみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら