「どこに行くの?まだ行っちゃやだよ!」

どこからともなく現れた1匹の猫が、参列者の制止を振り切り、可愛がってくれた男性の墓を掘り起こそうとする姿。これが「ヤバイ。涙が止まらない!」「猫って冷たいイメージがあったんだけど、こんな行動に出るなんて…本当に驚いたわ!」「この猫の行動を見れば、亡くなった男性がいかに(この猫を)可愛がっていたか一目瞭然だね。」とFacebookを中心に話題沸騰!多くの人々が心動かされていたので紹介したいと思います。

ダタイベイなど、世界有数のビーチリゾートやホテルを有するマレーシア・ランカウイ島で撮影されたこの動画。

なお、撮影したのは亡くなったお爺さんの孫・Soffuan CZさんでして、9月17日、地元の墓地でイスラム教の習慣に則って葬儀を執り行っていたところ、どこからともなく白い猫が現れ、墓の上に。そして猫は、一心不乱に地面を掘り起こそうとしたのだとか。

出典投稿者(Soffuan CZさん)フェイスブックのスクリーンショット

コチラがその時の様子。

出典投稿者(Soffuan CZさん)フェイスブックのスクリーンショット

墓に眠るお爺さんを掘り起こそうと…土を必死に搔き分ける描。

出典投稿者(Soffuan CZさん)フェイスブックのスクリーンショット

葬儀に参列した親族らが、猫を掴み、お墓から離そうとするのですが…

出典投稿者(Soffuan CZさん)フェイスブックのスクリーンショット

どんなに引っ張っても…この猫。その場から離れようとしません。

出典投稿者(Soffuan CZさん)フェイスブックのスクリーンショット

猫のまさかの行動に驚く…親族者たち。

ちなみにこの猫。亡くなったお爺さんが飼っていたペットではないそうですが、猫たちが集まっているモスクにいつも顔を出し、猫たちを可愛がっていたというお爺さん。きっとこの猫、その内の一匹なのでしょうね。

出典投稿者(Soffuan CZさん)フェイスブックのスクリーンショット

「ねぇ!お爺さん!どこ行くの!?いつもみたいに遊ぼうよ!」

出典投稿者(Soffuan CZさん)フェイスブックのスクリーンショット

猫がこの場にいては葬儀を続ける事が出来ない。

ゆえに、何度も何度も、参列者が猫を墓から離そうとするのですが…

出典投稿者(Soffuan CZさん)フェイスブックのスクリーンショット

そのたびに墓に戻り、土を掘り起こそうとする猫。

出典投稿者(Soffuan CZさん)フェイスブックのスクリーンショット

「アナタがお爺さんを想う気持ち。よくわかったからコッチにおいで!」

出典投稿者(Soffuan CZさん)フェイスブックのスクリーンショット

「嫌だ!ここから離れるわけにはいかないんだ!」

出典投稿者(Soffuan CZさん)フェイスブックのスクリーンショット

偶然とは説明できない…この行動。なお、イギリス、ロンドンを拠点に活躍するネコ研究家・Anita Kelseyさんは

「この猫は墓の下にお爺さんがいることがわかっている。そして、そこに行きたいと思っている。犬の場合は稀にあるのですが、猫の場合は非常に珍しい行動です。」

と海外メディアのインタビューに答えていました。

出典投稿者(Soffuan CZさん)フェイスブックのスクリーンショット

お爺さん… お爺さん…

では、Facebookに投稿されるやいなや、たった4日で980万回以上再生された感動ムービー。リンク先よりご覧下さい!

これは泣ける!

その後、どうにかお墓の上から離すことが出来たものの、葬儀の最中、終始、すぐ側で式を見守っていたという猫。その姿に、撮影者であるSoffuan CZさん。お爺さんがいかに猫を愛していたか、そして猫に愛されていたかを気付かされたそうです。

誰よりも別れを惜しんでいたという猫。動画を見れば一目瞭然ですが…お爺さんと猫。きっと素晴らしい関係で結ばれていたのでしょうね。

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら