ロバートの秋山竜次さんといえば、クリエイターシリーズなどの「究極のなりきり芸」で世間を夢中にさせていますが、最新作で秋山さんがなりきったのは、その歌声と存在感でファンを魅了しているカリスマアーティスト!

19日に公開された動画では、力強く優しい歌声で忙しい主婦たちを包み込んでいます。メッセージ性の強いその曲のタイトルは「マイクロズボラ」

マイクロズボラとは、多忙な日々を送る主婦がついやってしまいがちな小さなずぼらなこと。例えば…

靴下を足で脱ぐ

出典 https://youtu.be

洗った手をシャツで拭く

出典 https://youtu.be

もやしのヒゲとらずに炒める

出典 https://youtu.be

そんな小さなズボラは気にしなくていい。家事や子育て、仕事に追われる毎日だから、ズボラはみんなを幸せにする。

「マイクロ(小さな)ズボラ(ずぼら)」それはレディのライフハック

そしてカリスマアーティストの秋山さんは、更に様々なマイクロズボラを「いいんだよ」と歌います。

干してた服そのままダイレクトに着ていいよ

出典 https://youtu.be

鍋敷きは新聞でいいよ

出典 https://youtu.be

SNS映えする幸せ家族写真無理に撮らなくてもいいよ

出典 https://youtu.be

給食袋 体操袋 上靴入れ スマホでポチっと買っちゃってもいいよ

出典 https://youtu.be

頑張る主婦を後押しする内容ながら、何かと忙しい現代人はマイクロズボラも共感するところが多いようで、SNSには老若男女問わず共感の声が。

「おじさんだけど、これやってるなw」
「主婦じゃないけど、これ全部当てはまっててヤバイ」
「シンクの下は足で閉めてもいいよね?」

「ゴミ箱が遠い時はとりあえず投げてみるな」
「もやしは根切りを買ってるけど、これもズボラか!」


そして笑ってしまいつつも、思わず感動してしまうという声も。

「面白いけど、なんか泣きそうになる」
「『いいんだよ』って言われて少し泣くよこれ」
「なんか、ありがとうって思った」

この動画は、グリコの「アーモンドピーク」とのタイアップ企画で公開されたWEB動画。一息つきたい時に、「アーモンドピーク」でカリッとリフレッシュして欲しいと呼びかけています。

それでもダメな時には「ビックズボラ」もあると歌う秋山さん、ぜひ、フルコーラスでお聞きください。

「マイクロズボラ」

出典 YouTube

秋山さんのなりきりっぷりは相変わらず神の領域ですよね。しかも歌が上手いし、声がめっちゃいい。ゲラゲラ笑いながらも元気が出る「マイクロズボラ」 

ちょっと罪悪感のあるマイクロズボラですが、みんな同じ!この曲を聞くと、むしろ「よくやってる、自分。また頑張ろう!」と思えてくるから不思議。さすがカリスマアーティスト秋山さん!

グリコでは、この動画の公開に合わせて、アーモンドピーク「2017年初物」キャンペーンマークが入ったパッケージで当たりハガキが出たら、2017年収穫の初物アーモンド(アメ焼き仕上げ)が当たるキャンペーンも開催。パッケージに当選者のニックネームが入る、世界で一つだけのプレゼントです!

おまけ:メイキングも公開中!

出典 YouTube

この記事を書いたユーザー

Mucoco このユーザーの他の記事を見る

愛犬と一緒に、海を眺めながら暮らしています。

権利侵害申告はこちら