開園して35年、フランス国内で唯一ジャイアントパンダが見られる動物園「ボーバル動物園」が9月3日、赤ちゃんパンダの“誕生から30日間”を記録した動画をYouTubeに公開。これが「パンダってこんな風に大きくなっていくのか…。知らなかった」「生まれた時と1カ月後ではまるで別の生き物ね。感動したわ!」と海外中心に話題沸騰!多くの人々に感動を与えていたので紹介したいと思います。

フランス国内では初!赤ちゃんパンダは健康そのもの!

今回撮影されたのは、2012年1月に中国からやって来たHuan Huan(メス)と、Yuan Zi(オス)の間に生まれた赤ちゃん。

なお、生まれた時の赤ちゃんパンダの体重は約143g。Lサイズの卵約2個分だったそうなのですが、周囲の心配をよそにすくすくと成長。たった1ヶ月(30日間)で飼育員もビックリ!驚きの変貌を遂げるのでした。

「Bébé panda, 1 mois ! Sa fulgurante croissance…(赤ちゃんパンダの1ヶ月!目を見張るような成長…)」というタイトルでアップされたこの動画。撮影は誕生した8月4日から。保育器に入っているシーンから始まります。

コチラは2日目の赤ちゃんパンダ。産毛こそ生えていますが、その肌は全身ピンク色。パンダとは似ても似つかないその姿。目も全く見えていないのだとか。

排泄を促す為、また、信頼関係を築く為、ほとんど不眠不休で赤ちゃんを舐め続けるという母親。授乳は1日6回から14回程度だそうです。

生後6か月頃から笹を食べ始めるというパンダの赤ちゃん。それまではもっぱらママのお乳で生活。そして1週間を過ぎる頃に…

ようやく目の周りに…薄っすらとパンダ模様が!

産毛もかなり濃くなってきた赤ちゃん。

2週間過ぎた頃には、パンダらしさ全開!

2週間前とは比べ物にならないほどの成長っぷりですね。

実はこの赤ちゃん。本当は双子だったそうなのですが、最初に生まれてきた赤ちゃんは、生まれてまもなく呼吸困難に陥り、飼育員らの必死の努力のかいもなく死亡したのだとか。

お兄ちゃん(お姉ちゃん)の分も必死に生きよう。

そう思えるほど、スクスクと成長しているという赤ちゃん。黒い模様もハッキリ!

ちなみに出産後、どうして良いのかわからずに育児放棄してしまうお母さんもいるそうなのですが、Huan Huanは子育てに積極的。これならもう安心ですね。

「みんな!これから宜しくね!」

まるで見られている事をわかっているかのように、カメラ目線で手を振る赤ちゃん。(笑)これは大物になる予感!?

では、多くの人々に感動を与えている“赤ちゃんパンダの30日間”。どうぞご覧下さい!

出典 YouTube

これからの成長に期待!

143gだった赤ちゃんが、約1ヶ月半でこの成長っぷり。これは今後も赤ちゃんパンダから目が離せませんね。
(※赤ちゃんパンダは、生後3ヶ月でよちよちと歩き始め、生後5ヶ月で木登り開始。生後1年頃には体重、なんと30kgを超えるのだそうです)

なお、気になる一般公開は、動物園曰く「2~3ヶ月後を予定している」とのこと。興味を持った方、フランスに行く予定がある方は是非「ボ-ヴァル動物園」に立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら