女性なら、純白のウエディングドレスに身を包んだ自分の姿を想像してみたことがあるのではないでしょうか。

ウエディングドレスの白には「純潔」というだけでなく「あなたの色に染まります」という意味もあるのだとか。誰もが憧れる純白のウェディングドレスですが、今回ご紹介するドレスは一味も二味も違います!

実はこのドレス、トイレットペーパーで出来てるんです!

このドレスたちは「トイレットペーパー・ウェディングドレス・コンテスト」の入賞作品。なんと2004年から続く人気のコンテストです。

女性向けの情報サイト「Cheap-Chic-Weddings.com」社が主催、大手トイレットペパー会社がスポンサーとなって開催されているこのコンテストには、ここ数年は1500点を超える応募があるのだそう。

この繊細なカットやこだわりのディティール、ふんわりと広がる裾や、ドレスにあしらわれている小物、これらはすべてトイレットペーパー!わかって見ていても、トイレットペーパーが材料なんて信じられないのではないでしょうか?

このコンテストのルールはいたってシンプル! その年にスポンサーなった会社が発売するトイレットペーパーだけを使うことと、実際に人が着ることができるデザインであること(接着の為ののりやテープは使用OK)

その為、デザイナーだけでなく、学生や主婦など、デザインが好きが人なら誰でも参加することが出来るのです。

今年の最優秀賞作品はこちら!

初出品で見事最優秀賞をゲットしたのは、ラスベガスに在住の2児の母
カリ・カーレットさん。作品名は「Quilted Enchantment」(キルティングの魔法)で、子供達が寝た後の時間を使って作業をし、3カ月かけ、21ロールのトイレットペーパーを使って作品を作りあげたのだそうです。

1500ものトイレットペーパーで作られた手作りの蝶が散りばめられた豪華なデザインのドレスで、賞金1万ドル(約112万円)を手にしました。

それにしても、トイレットペーパーでウエディングドレスを作るという発想も驚きですが、あの素材でこんな細かな細工までよく出来るものだと感動してしまいますよね。

公式Instagramでは、これまで受賞したたくさんのウエディングドレスを見ることが出来ます。眺めているうちに、トイレットペーパーで出来ているなんて忘れてしまいそうな、素晴らしいドレスばかり。高級ウエディングドレスカタログを見ている気分になってきます。結婚式を控えている方は、参考にしてみてはいかがでしょう。

この記事を書いたユーザー

Mucoco このユーザーの他の記事を見る

愛犬と一緒に、海を眺めながら暮らしています。

権利侵害申告はこちら