記事提供:Techinsight

星野源と綾野剛。

10月13日より新シリーズがスタートするTBS系金曜ドラマ『コウノドリ』でメインキャストの綾野剛と星野源をバラエティ番組『王様のブランチ』が直撃インタビューした。

綾野は主人公となる謎のジャズピアニストで産婦人科医・鴻鳥サクラ役、星野は鴻鳥と同期の産婦人科医・四宮春樹役を務める。

前作から2年ぶりに共演した星野源は久々に絡んだ綾野剛の印象を「より優しくなって、2年前よりさらに包容力が増している感じ」がするという。

綾野自身「でもやっぱりなっちゃいますね」と覚えがあり、サクラ先生でいる時は「赤ちゃんを目の当たりにして、おっきい声を出すわけにもいかないですし」と明かす。

彼のなかでこの2年間“サクラ先生”は生き続けており、「勝手に膨らんで成長していたのかもしれない」と思い当たるようだ。

局は違うが、綾野は今年の4月期にドラマ『フランケンシュタインの恋』(日本テレビ系)で優しい心を持つ主人公の怪物・深志研を演じている。その影響もあるのではないか。

また、綾野から見た星野は「現場で一番包み込んでくれ、ずっと寄り添ってくれる。すごく心地よい状態をいつも提供してくれる」大切な存在だという。

そんな2人のやりとりにインタビュアーの女性が「すごく素敵な関係ですね」と感心したところ、星野が「なんかすごく照れてきた」と顔を赤らめるので彼女が「私もなんかカップルの会話かなって…」と本音を口にする。

するとさらに「なんか熱くなってきた」「そわそわしちゃう」と動揺し始める綾野と星野だった。

綾野によると前作では患者に寄り添った物語が中心だったが、今回は医者をよりしっかり描こうとしているので「強度のある作品」になりそうだという。

「カップルのよう」に仲の良い2人が劇中ではどんな熱い姿を見せるか楽しみである。

権利侵害申告はこちら