記事提供:日刊サイゾー

元「乃木坂46」のメンバーで、JリーグFC岐阜の応援マネージャーを務める伊藤寧々(21)ちゃんが、初のイメージDVD『はにかむ』(リバプール)を発売し、東京・秋葉原のソフマップアミューズメント館にて記念イベントが行われました。

身長149cm、スリーサイズは上からB79・W58・H78(cm)というスレンダーボディを、黒のシックなワンピースで包み、笑顔で登場した「ねねころ」ちゃん。

2014年10月のグループ卒業後は女優として活動する彼女が、新たなステージに上った“証”となるこの1st DVD。いったいどんな姿を見せてくれているのか、気になる内容について本人に詳しく話を聞いてみました。

――ファーストDVDの発売、おめでとうございます。3月にバリ島で撮影したそうですが、どんな内容の作品に仕上がっていますか?

「最初オファーをもらったときはビックリしたくらいで、『需要あるのかな?』と思いました。実は見るのも恥ずかしくて、もらったサンプルを見たのも昨日なんです(笑)。見ていて落ち着かないというか、恥ずかしかったです。実はこれまであんまり水着には縁がなくて、水着で浜辺に出るのも初めてでした。タオルを取るのも恥ずかしかったんですが、バリ島の雰囲気に乗せられて、いつのまにか開放的な気持ちになってました(笑)」

――タイトル通り、“はにかみ”ながら制作された作品ということですね。

「普段から照れることが多くて、本気ではにかんでます(笑)。内容は、“最初は女友達と二人でバリに旅行する予定だったのが、友達が風邪を引いてしまい、一人で自撮りをしながら旅行する”という構成になっています。すごくきれいな映像になっていて、自分でもビックリしました!」

――大人の「ねねころ」も見られるんでしょうか?

「中盤で着た白いビキニは、自分の中ではなかなかセクシーだと思いました。しかも、壮大な森をバックにしていて、白と緑の対比が、またきれいなんです!セクシーといえば、黒い水着のシーンは、『自分でもこんな表情するんだ!』と、ビックリしたくらいセクシーな表情です(笑)。これで、グラビアファンの方たちにも名前を覚えてもらえるとうれしいです!」

器械体操やフィギュアスケートの経験があり、本来なら「もっと(身体を)絞ってから撮影したかった!」とのことでしたが、女性らしい体のラインがなかなかの見どころとなっている本作、買いですよ!

権利侵害申告はこちら