記事提供:Conobie

左利きの息子を見ていて、親が感じたあんなことやこんなことを描いてみました。

我が家の3人の子どものうち、2人が左利きです。

赤ちゃんの頃、おもちゃで遊んでいる時、食事中に自分でスプーンやフォークで食べる時に左手で持つことに気が付いて…、

じいじとばあばには「右に直したほうがいいんじゃない?苦労するかもよ?」とやんわり注意されましたが…幼稚園にも相談したところ、無理に右に矯正しなくてもいい、と仰ってくれたので結局左利きのまま、過ごしていきました。

それでも、左利きで過ごして、困ったことが全くなかったわけではありませんでした。

だからといって「やっぱり右に直させたほうがよかったのかな…?」と後悔したことはありませんでした。

本人も「苦労することもあるけど、たいしたことではない」と言っていました。

そして中学校では卓球部に入ったよっしーくん。

卓球のような球技は相手が自分と利き腕が違うと、やりにくいんだそうです。

なので、そんなに強いわけでもなかったよっしーくんでも試合では勝ち進んだりしていました!

そして同じく左利きだった同級生の男の子とダブルスを組み、わりと大きな大会でも勝っていたので、スポーツするときは「左利きでよかったかも!」と思いました。

次男のだいちゃんも左利き。

だいちゃんは水泳部なので、困ることも得することもないようですが(笑)。

今のところ特に不満もないようなので、だいちゃんも無理に右に矯正させなくてよかったな、と思っています。

いろいろと便利な世の中ではありますが確かに左利きで不便なこともままあるかもしれません。

でもね、一番大事にしてあげたいことは本人の気持ちなんですよね。

「右手のほうが持ちやすい」

「左手で持ったほうが使いやすい」

旦那さんと一緒に子どもの様子を見ていて…、

個性を大事にしてあげたいと思う反面、「ちょっとめんどくさいかも」と思うのも正直な気持ちです(笑)。

今は左利き用のハサミなど、グッズもカンタンに買えるしスポーツでも重宝されるかもしれないし!

もし、お子さんが左手で物を持ちたがるようでしたら、周りの人に何か言われることがあっても温かい目で見守ってあげるのもいいのかな、と思います。

権利侵害申告はこちら