人生を豊かにするお金の使い方、節約の方法についての記事が毎回好評な無料メルマガ『音多秀茂の【富と成功の5つのタネ】』。その著者・音多さんによると、テレビは「録画して見る」ことがお金の節約や時間活用の鉄則なのだとか。その理由とは一体?

節約にも富~ペイ・パー・ビューに気付け!~

今日は知らず知らずのうちにお金を払ってしまっているメディア視聴ペイ・パー・ビューの罠に気付く為のお話です。

このメルマガでもちょくちょくお話していますが、私は「テレビ」を見る時、録画した番組以外はほぼ見ません。1週間のテレビ視聴時間は平均5時間以下かと思います。

ですから逆に録画した番組を見るのは私の大きな楽しみなんですが、先日は20なんチャラテレビというダラダラした番組に邪魔されて好きな番組が放送されなかったので少しイラっとしました(笑)。

さて、では何故私が「録画してテレビを見る」のか。これは人生を無駄にしない為の時間活用の鉄則として以前お伝えしました。テレビ番組には頭の良い人達が視聴者を釘付けにする仕組みが盛り込まれていますから一度見始めたら消すのが大変です。

どこを切り取っても視聴者を引き止め、興味を持たせる仕組みのオンパレードです。テレビを作る側も視聴率が取れなきゃクビですから必死です。ですから彼らの戦略に捕まらないようテレビを見るなら録画して見るのは鉄則なんですね。

なぜ録画して見ると節約になる?

で、実はもう一つ大きな理由があります。それが今回お伝えするお金の節約の話。

皆さんは普段テレビを見ている時、それが間接的な「ペイ・パー・ビュー」である事をあまり気にしていないのではないでしょうか。

ペイ・パー・ビューとは有料コンテンツに料金を支払って視聴するシステムであり、最も身近なのは「NHK」です。他にもWOWOWやスカパーなども有りますね。定額制も有れば一番組毎にお金を支払うケースも有ります。

しかしながらテレビをつければ無料で勝手に流れている民放各局をこの「ペイ・パー・ビュー」と同じ物だと意識する事はあまり無いかもしれません。が、実はテレビって民放も含めて全て有料なんですね。それを成り立たせるのが「広告料」です。

我々はテレビをつければ無料で情報を受取れると思いがちですが、この世にはタダより高い物はありません(笑)。

こちらの無意識に送り込まれる広告主からのメッセージ、つまり「CM」を見る事で、我々は車や家、保険、流行の飲み物や食べ物にお金を払い、間接的にテレビの番組制作費を支払っているわけです。

この仕組みから自分を守るには録画をして「CMを見ずに視聴する事です。すると彼らが莫大な制作費をかけて作った番組から、有効かつ膨大な情報を本当の意味で無料で入手する事が出来ます。これが今回の「節約にも富」の考え方。

出演者にも間接的に献金している

テレビの中にいるタレント達は広告塔として莫大な利益を得ています。いつも我々に関係のない「視聴率争い」をしていますが、そこに巻き込まれる我々は同時に彼らに間接的な献金をしているんです。その罠から早く抜け出しましょう。

こうした考えを挙げると「テレビの広告料が下がり、大切なメディアであるテレビの質が堕ちて行く」などと気にする人もいるかもしれません。

が、そんな事は絶対ありません。これは自由競争ですから、その責任もまたメディア側にあり、更にそうした課題があるからこそ彼らはどんどん収益の柱を立て進化して行くんですね(それに気付かない視聴者は更にどんどんお金を巻きあげられます)。

情報産業とは広告料で成り立つ物。それは現代における取るか取られるかの戦いである事を、情報の受け手側の我々もきちんと認識する必要があります。

権利侵害申告はこちら