記事提供:日刊大衆

いつも一緒の仲良しグループだと思っていたら、実は自分がいないときに他の人たちだけで楽しく遊んでいた、なんていう悲しすぎる体験をした人はいるだろうか?

実は芸能人の中にも同じように、「自分だけLINEグループに入っていない」という悲惨な目に遭った人がいるそう。

1人目は極楽とんぼの加藤浩次(48)。加藤の属しているグループといえば、やはりレギュラー出演している『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)の“めちゃイケメンバー”。

長年続いている番組でメンバー同士の絆も強そうなのだが、なんと加藤だけがこのメンバーのグループLINEに入っていないということが発覚。

スペインの「マドリード国際映画祭」で最優秀外国映画主演女優賞を受賞しためちゃイケメンバーの鈴木紗理奈(40)が、『スッキリ!!』(日本テレビ系)にVTR出演した際に、めちゃイケメンバーの中で加藤からだけ唯一祝福のメッセージがなかったことを暴露。

しかし加藤はそもそも紗理奈のLINEを知らなかったようで、「みんなLINEでグループ作ったりするんだな。俺だけ入ってないんだ」とポツリ。LINEグループからハブられていることを悟り、寂しそうな表情を見せた。

続いては俳優の本郷奏多(26)。

本郷はある意味加藤より悲惨で、主演ドラマ『怪獣倶楽部~空想特撮青春記~』(TBS系)の撮影中に、主演である自分以外の全員でグループLINEができていることを知ってしまったと、今年6月に出演した『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)で告白。

撮影現場で共演者が和気あいあいとする中、本郷はいつも一人ポツンと隅に座っていたとか。

そして、この日の番組では「僕は主演というかたちでやらせてもらっているんですけど、気づいたら、どうやら僕以外の全員でグループLINEができていて」と現場の状況を報告。

「ありますか?そんなこと」と嘆く本郷に番組MCの櫻井翔(35)は「悲しすぎる」と同情していた。

最後は桐谷美玲(27)が2015年9月に出演した『踊る!さんま御殿』(日本テレビ系)で明かしたエピソード。大学在学中に4人の女の子と仲良くなったという桐谷。

自分を含める5人のグループは何をするにも一緒で、これからもずっと親友でいられると感じていたと当時を振り返った桐谷だが、ある日、その友人のSNSを見たことろ、桐谷がまったく知らないところで4人がハロウィーンパーティをしていた事実を知ってしまったのだとか。

話を聞いていた明石家さんま(62)が「それは忙しいから」とフォローするものの、5人のLINEグループでは誰も声をかけてくれなかったそうで、同じくゲスト出演していた松岡茉優(22)が「じゃあ、別枠で4人のグループLINEがあるんですね」と指摘。

隣で話を聞いていた福田彩乃(28)が「美玲ちゃんを含めたグループLINEがあったとしたら、たぶん別で美玲ちゃんなしの…」と追い打ちをかけると、桐谷は「え!?」と驚いて口元を手で隠していた。

華々しい世界で活躍し、何万人ものファンを抱えている芸能人たちでも、一般人と同じ悩みや悲しみを感じているようだ。

権利侵害申告はこちら