記事提供:Conobie

イヤイヤが増してきた2歳児の息子、もん吉。あの手この手で対応する中、一つのコツを見つけました。

要望に応えられない時は…

要望が激しい時も…

リモコン奪取、汚部屋の片づけ誘導、成功…。

イヤイヤが激しい時など、「待ってね」の言葉一つで全てが通用するわけではないのですが…。

「ダメ」と完全否定するより、「待ってね」という言葉の方が希望が含まれているので、もん吉も言うことを聞きやすいようです。

権利侵害申告はこちら