記事提供:日刊大衆

8月30日放送の『徳井と後藤と麗しのSHELLYと芳しの指原が今夜くらべてみました』(日本テレビ系)に、女優の貫地谷しほり(31)が出演。過去に熱愛を報じられたチュートルアル徳井義実(42)との関係を、あらためて否定する場面があった。

この日の放送では、貫地谷が「9年前から怒っている相手がいる」と告白。貫地谷は2008年11月に一部週刊誌で、“芸人T”との熱愛疑惑が報道されたが、それが芸能界に入っての初スキャンダルだったと実際の記事を見ながら語った。

MCの指原莉乃(24)が「いいんですか?記事出しても」と心配すると、貫地谷は「この機会なので、ぶちまけようと」と相手芸人への怒りを表明。

これにはフットボールアワーの後藤輝基(43)も「女優さんは、こういうの出さないですよ?」と驚きの表情を浮かべた。

貫地谷は問題の記事について、「本当に心当たりがなくて。私が以前映画でお世話になった監督さんが、よくバーベキューとかをメイクさんの家でしてたんです。で、その芸人さんも違う作品で映画に出られて、そのチームと仲良しになって」と説明。

さらに「みんなでスーパーに買い出しに行こうってなって、7~8人とかでスーパーに行って。そしたら、それが熱愛とかになって」と熱愛報道の裏側を語った。

驚くMC陣に対し、貫地谷はさらに説明を続け、その芸人Tが別の女性と熱愛を報じられた際に「元カノの欄に私が書いてあった」と憤慨。

「それはイヤだ!」と同情が集まる中、貫地谷は「困る」と表情を曇らせ、後日その芸人Tに会ったときに「私の初スキャンダルどうしてくれるんですか?」と詰め寄ると「ごめんな~」と軽く流されたことも暴露した。

その相手芸人への批判がスタジオ内で噴出する中、徳井は、その“芸人T”というのが自分であることを告白。

徳井も記事を見て「これビックリしたなあ!」と振り返り、このときが貫地谷と初対面だったことを明かした。そして、元カノの欄に貫地谷の名前が書かれたことに対しても、「見るたびに申し訳ないなあと思ってたよ」と弁解していた。

2人の様子を見ていた指原は「報道を信じてて。2人の様子が見たくて早めにスタジオ入りした」と、この日収録前にこっそり張り込んでいたことを明かした。

「熱愛スキャンダルの話を、当事者から聞けるというのはなかなか貴重です。当時、貫地谷は連続テレビ小説『ちりとてちん』(NHK)に主演していましたし、一方の徳井は『しゃべくり007』(日本テレビ系)がスタートするなどノリノリのとき。旬の2人の交際に、世間も大盛り上がりでしたが、真相は違ったようですね」(芸能誌ライター)

――今回の共演をきっかけに、急接近もある…!?

権利侵害申告はこちら