小さな子どもだけでなく、大人になってもぬいぐるみのフワフワ感が大好きという人も多いと思います。思い切りギュッと抱きしめた時のあの感触、本当に癒されちゃいますよね。だけど、この可愛いクマさんはギュッと抱きしめてはいけません。

どうしてかって?実はこのクマさん、
ぬいぐるみじゃなくて、ケーキなんです!

ケーキだと言われても、信じられないこのクオリティ。これを作っているのは、シンガポール在住のスザンヌさん。3才・5才・8才の3人のお子さんを子育て中のママです。

キャラクターを形取ったデコデコケーキといえば、クリームやチョコ、マジパンなどでで形をつくったものが主流ですが、スザンヌさんのつくるデコケーキは違います。なんと、カラフルに焼き上げた自家製のシフォンケーキを組み合わせているのです。

色だけではありません。様々なパーツもシフォンケーキで作られています。そのため、焼きあげる時には、いろいろな形のケーキ型だけでなく、紙コップを使ったり、シート状に焼いたケーキをカットして使ったり。シフォンケーキを組み立てるなんて発想、今まであったでしょうか?

シフォンケーキの素朴な魅力と、ぬいぐるみの素材感のイメージとぴったりあって、どれもキュートすぎる!

実はもともと、ケーキ作りにはあまり興味のなかったスザンヌさんでしたが、ママ友の影響でシフォンケーキ作りを始め、砂糖の量も少なく、バターを使わないヘルシーで美味しいシフォンケーキにハマってしまったそう。

医用生体工学の博士号を持ち、生物医学の研究所で働いていた経験があるというスザンヌさん。出産を機に仕事を離れて家庭に入りましたが、シフォンケーキ作りには当時の経験が大いに役に立っているといいます。

「レシピの勉強をして、理解し、材料を調整した後を想定し、実際に実験(調理)し、焼き上がりをコントロールする。まさに科学的なアプローチです」

最初はカラフルなシフォンケーキから始まり、キャラクターを形取ったものを作るようになりました。子どもたちが喜んでくれるので、どんどん工夫していろいろなデコケーキを作るようになったのだそう。

すでに、デコシフォンケーキのレシピ本を2冊出版しているスザンヌさん。その2冊は大ベストセラーに!

「仕事を離れて、どこかに物足りなさを感じていた」というスザンヌさんでしたが、ケーキ作りは「クリエイティブな欲求を満たしてくれる」のだそうです。

「新しいデコケーキを作り、それを発表する時はとてもワクワクします」

今では世界中のファンが、スザンヌさんの新作デコケーキを楽しみにしています。Instagramでは、今回ご紹介しきれなかった沢山のキュートなデコケーキが公開されています。

シンプルで真似できそうなデコケーキも紹介されています。ぜひ、チェックしてみてくださいね。

この記事を書いたユーザー

Mucoco このユーザーの他の記事を見る

愛犬と一緒に、海を眺めながら暮らしています。

権利侵害申告はこちら