今回紹介するのは、先日イギリスのグラスゴーで行われたコモンウェルスゲームズ 男子卓球団体戦の準決勝、シンガポール代表ガオ・ニン選手(手前)とナイジェリア代表セグン・トリオラ選手(奥)の試合。

鋭いショットを巧みに打ち分ける格上のガオ選手に対して、セグン選手はそれを確実に相手のコートに返していく防御態勢に。お互い一歩も譲らずに続いたラリーはなんと40秒間、41打にも及びました。白熱する試合運びに観客たちもどんどん引き込まれていき、決着がついた瞬間は割れんばかりの大きな歓声が。

緊張感溢れるラリーをご覧あれ

出典 YouTube

試合は3対1でシンガポールが決勝に進出。惜しくも敗れたナイジェリアですが、この2人の超人的なラリーは海外でもスーパープレーとして話題になっています。

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス