記事提供:AbemaTIMES

Ameba公式トップブロガー・MONAさん

誰もがインターネットを通して情報を発信できる時代。実際、数多くのフォロワーを獲得し、Webメディアで大きな影響力を持つ“インフルエンサー”と呼ばれる人たちがいる。一体、インフルエンサーとはどのような存在なのか。

毎週土曜23時から放送中のSHELLYがMCを務める『Wの悲喜劇~日本一過激なオンナのニュース~』(AbemaTV/アベマTV)では、「わたしを見て!インフルエンサー女子」をテーマに、インフルエンサー女子として活躍する“リアルな経験者”たちが、その実態を赤裸々に語った。

>9月2日(土)夜23時からは「Wの悲喜劇again#4『パパ活で稼ぐオンナ』」

(※放送時刻になったら通知でお知らせ!AbemaTVアプリ内の番組表から「通知を受け取る」がオススメです)

>再放送は9月3日(日)17時~

過去の「Wの悲喜劇~日本一過激なオンナのニュース~」はAbemaビデオで無料視聴できます。

SNSコンサルタント・石井リナさん。

若者に向けたインスタグラムマーケティングを得意とし、SNSコンサルタントとして企業のマーケティングを支援している石井リナさんは“インフルエンサー”について「SNS上で影響力をもつ人。フォロワーが多い人という意味で使われています」と説明。

最近では、インスタグラマーなどの言葉が広まり、職業としてインフルエンサーを名乗る人もいるという。

アメーバ公式トップブロガー・MONAさん。

アメーバ公式トップブロガーのMONAさんは、産後のダイエットを目的にプライベートアカウントとは別に、顔も隠し、知り合いをブロックした状態でInstagramのアカウントを開設。

「ダイエットでジムに通いたかったけど託児付きのジムがなくて…。SNSを使ってフォロワーさんをトレーナーに見立ててダイエットをしたり、自分が食べた物を記録したりしました」と当時を振り返った。

出典 https://ameblo.jp

画像はMONAさんのブログより。

フォロワーからアドバイスをもらい、褒められていくうちにMONAさんは15kgの減量に成功。ビフォーアフター写真を掲載する中で反響が大きくなり、気がつくとフォロワー数は4万4000人に増えていた。

MONAさんは「フォロワーの人が褒めてくださるので、それがやみつきになるというか。うれしいなって…」と話し、自身の経験を糧にダイエットの相談に乗るようになった。

Instagram経由で公式ブロガーのオファーがかかり、現在ではダイエットプロフェッショナルアドバイザーの資格を取得。読者たちに的確なアドバイスをしている。

(AbemaTV/『Wの悲喜劇~日本一過激なオンナのニュース~』より)

(C)AbemaTV

(ライター/小林リズム)

無料 ニュースも音楽もアニメも24時間放送中! AbemaTV

この記事を書いたユーザー

AbemaTIMES このユーザーの他の記事を見る

AbemaTIMESは「見たい!」がみつかる情報ニュースサイトです。無料でみれるインターネットTV局『AbemaTV』の番組を中心に、ニュース映像や面白動画の紹介、著名人コラムやインタビューなど、選りすぐりの情報をお届けします。

権利侵害申告はこちら