記事提供:しらべぇ

たこ焼きは「おやつ」なのか「ごはん」なのか。

将棋の羽生善治二冠の妻・理恵さんが家族内の論争をツイートし、多くのユーザーで議論が巻き起こっている。

ツイートによると、子供の希望で昼ごはんがたこ焼きになったところ、羽生二冠は「たこ焼きはオヤツ」、子供は「ごはん」と水掛け論が起きたようだ。

続けて、Twitterの投票機能で「さて、どっち」と呼びかけると、僅差で「たこ焼きはオヤツ」が「ごはん」を上回った。

そこで、しらべぇ編集部でも、全国の20~60代男女1,348名にたこ焼きは「おやつ」か「ごはん」か調査を実施した。

■たこ焼きは「おやつ」vs「ごはん」

たこ焼きは「おやつ」だと答えたのは55.8%。理恵さんの調査同様、おやつ派が過半数だった。

Twitterでは、関西と関東で別れるのでは?とのコメントもある。

地域別では近畿エリアのみ、ごはん派がリードしたが、差は2ポイント程度と拮抗している。たこ焼きがソウルフードとされる大阪を含む近畿でも、おやつかごはんか判断が分かれるところ。

■大きく違うのは年代差

地域差よりも特徴が現れたのは年代の差。30代以下はごはん派、40代以上はおやつ派。年代別では若いほどごはん派が多くなり、結果がハッキリと分かれた。

Twitterでは、関西、関東関係なく、ごはんにしているとのツイートもあった。

また、おやつにもごはんにもなるとつぶやいている人も多い。

子供のころに量が多くて食べきれなかった経験から、ごはんと考えている人が多いのではないだろうか。個数で調整できるたこ焼きは、昼も夜も空腹を満たしてくれる万能フードといえそうだ。

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日
対象:全国20代~60代の男女1,348名(有効回答数)

権利侵害申告はこちら