多くの人々の命を守るため、 身の危険も顧みず、勇敢な行動をとった1人の警察官。これが「素晴らしい!感動した!」「彼は警察官の鏡だ!」と海外を中心に話題沸騰!現在、たくさんの人々を感動の渦に巻き込んでいるので紹介したいと思います。

400人以上の生徒が通う中学校の校庭で不発弾が見つかる!

「中学校の校庭に爆弾がある!」

8月25日正午過ぎ、インド中央部、マディア・プラデーシュ州サーガル地区の警察署に寄せられた不発弾発見の通報。すぐさま数人の警察官が現場に向かうと…

そこには通報通り、30cmほどの大きさの不発弾が!

ちなみにこの時、400人以上の生徒がまだ学校内にいたのだそう。

半径500mほどのエリアがダメージを受けるほどの凄まじい威力を持つ不発弾。もし爆発でもすれば、甚大なる被害は免れない。そんな中、駆け付けた警察官はまず、学校に緊急閉鎖するよう伝達。続いて、400人近い生徒を速やかに避難させるよう指示します。

通常なら爆発物処理班を緊急要請するところですが、ここはインドの田舎村。要請しても到着は明日になるか、明後日になるかわかりません。

不安が募る生徒たち。

いま爆発してしまえば、避難中の生徒たちに被害が出てしまう。と、ここで1人の警察官がまさかの行動に出ます。

なんと不発弾を手にした警察官。10kgの不発弾を持ってダッシュ!

彼は地元の警察官・Abhishek Patel巡査。2人の子を持つ父親だそうですが、「ここで爆発してはマズイ!」と思ったというAbhishek巡査は、無我夢中で人がいない場所へ。

岩や茂みを飛び越えながら、とにかく人のいない方へと突き進むAbhishek巡査。もしここで爆発すれば、Abhishek巡査はひとたまりもありません。

長さ約30cm、重さ10kg。いつ爆発するかわからない不発弾を持って走るAbhishek巡査。

そして、約1km。ようやく人がいない場所へとたどり着いたAbhishek巡査は、不発弾を投棄。その後、爆発物処理班に緊急要請したのだとか。

では、その時の緊迫した様子とインド国内で流れたニュースを2本まとめてご覧下さい。

出典 YouTube

出典 YouTube

勇敢すぎる行動!彼は警察官の鑑だ!

「もし爆発すれば大惨事になる。とにかく出来るだけ、周辺地域の住民や学校から遠ざけようと、無我夢中で走りました。また、危険は重々承知していましたが、(私の)1人の命よりも、400人の生徒の命を守ることの方がずっと価値がある。だから私は爆発物を抱えて走ったんです。」

インタビューでそう語っていたAbhishek巡査。まさに勇敢すぎる行動。海外の掲示板には

■まさにリアルスーパーヒーロー!
■自分も警察官だが、この状況で、彼と同じ行動を取る自信はない。尊敬に値する。
■400人の命の方が価値がある。わかっていても、これは真似できないよ。素晴らしい。
■こんな素敵な警察官に守られている村。羨ましいな。

等、たくさんの称賛コメントが寄せられていました。

自らの命を顧みず、子供たちの命を守る為、爆弾を抱え全力でダッシュしたAbhishek巡査。この勇敢な行動はすぐさまインド国内で話題沸騰!同州のシヴラージ・シン・チョウハーン首相も絶賛し、Abhishek巡査には首相から直々に感謝の言葉が伝えられたそうです。

決して真似の出来ない勇敢すぎる行動。こんな素敵な警察官に守られて、地域の住民、子供たちは本当に幸せですね。

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら