記事提供:しらべぇ

結婚をして妻や母親になっても、「恋をしてトキメキたい」と不倫に走る女性も世の中にはいるものだ。

配偶者への裏切りとなる行為だが、中には子供やママ友にも迷惑をかける行為をする人もいるらしい。

しらべぇ取材班は、子供のいる女性に「不倫をしているママ友がした最低行動」を調査してみた。

①子供が病気で苦しんでいる時にも不倫相手に会いにいく

「ママ友の子供が40度近い高熱がある時に『どうしても断れない仕事があって…』と預かることをお願いされて引き受けましたが、仕事なんて大嘘で不倫していたと発覚。

恋をしたい気持ちはわかるしそこは責めませんが、子供が高熱で『ママ、ママ…』と苦しんでいる時にも他人に預けて遊びにいくのは、同じ母親としては許せなかった」(女性・33歳)

出典しらべぇ

②不倫をしていることを周りのママ友に自慢をする

「ママ友同士で集まっていた時に、『実はね…』と、自分が不倫していることを悩んで相談するふりをして、自慢げに語ってきた人がいました。

周りのママ友はドン引きだし、裏で『母親になって道徳も守れないのはちょっとね…』と大批判。

結局、必然的に距離ができて、グループからハブかれてました」(女性・36歳)

出典しらべぇ

③周りのママ友にも「あなた達も不倫しようよ!」と誘う

「出会い系で不倫相手を探して遊んでいるというママ友がいて、話だけは面白半分で聞いていました。でもある日、『あなた達もしようよ!』と不倫に誘われて…。

彼女が利用している出会い系のURLなどを送られてきましたが、不倫なんてする気はないし、そういう悪の道に人を誘うって、こいつ終わっているな…と思いましたね」(女性・30歳)

出典しらべぇ

・不倫をする人への目は女性のほうが厳しい?

しらべぇ編集部が全国20~60代の男女1,342名を対象に、「不倫をする人は、何度も不倫をしてしまうと思うか?」調査を実施したところ、女性の目のほうが厳しいという結果になった。

近年は、芸能人の不倫問題が相次ぎ、世間の目は特に「不倫」に対して冷たくなっている。

女友達やママ友などからはバッシングされないためにも、不倫はしないのはもちろんだが、万が一していたとしても公にはしないほうがいいかも…。

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年6月2日~2017年6月5日
対象:全国20代~60代の男女1,342名(有効回答数)

権利侵害申告はこちら