記事提供:Techinsight

“仏像バカンス”Tシャツを着た川栄李奈と永野芽郁。

ドラマ『僕たちがやりました』(関西テレビ)で共演している永野芽郁と川栄李奈が、ラジオ番組『SCHOOL OF LOCK!』(TOKYO FM)に出演した。

リスナーから寄せられた失敗談を紹介するなか、2人も学生時代のあまり思い出したくない体験を話し始める。

永野芽郁がパーソナリティを務めるコーナー『GIRLS LOCKS!』では、8月28日と29日に川栄李奈をゲストに迎えた。

29日には『僕やり』の第7話が放送され窪田正孝演じる主人公・トビオと幼馴染・蓮子(永野)のベッドシーンも見られた。

それについて川栄が「芽郁ちゃんのあれ、どういうこと!」とハイテンションで触れると「セクシーシーンに初めて挑戦した」「肩が白くて綺麗でしたよ!」とお互い盛り上がった。

2人が落ち着いたところでリスナーから届いた“僕が私がやりました、やってしまった失敗談”を紹介していく。

そのなかに「17歳男性」から小学3年生の時、音楽の授業でリコーダーを吹きながらふと名前をみたところ「(教室で)隣の席に座っている僕が好きな女子の名前だった」という告白があった。

彼はバレないように音楽の時間を乗り切ると、教室に戻って気づかれないようリコーダーを取り換えたという。

そのエピソードに川栄は「えー!」と驚くが、永野は「私されたことある」というではないか。小学校の時に違うクラスの男子が永野のリコーダーをずっと持っているのに気づき「それ私のなんだけど!」とブチ切れた。

しかしその男子は「でももう吹いちゃった」とへらへらしていたので「気持ちワルー」とドン引きしたそうだ。リコーダーを取り戻すと「本気で洗って、家に持って帰って消毒液につけた」ことまで覚えていた。

また「16歳男性」は、小学校の時に学校で一番モテる女子のくつ箱にラブレターを入れたという。差出人を書かなかったので「誰だ?」と学校中の話題になったが「実は自分です」という懺悔でもある。

それに絡めて永野が「川栄さんラブレターをもらったことありますか?」と話を向けたところ「告白されたことはあるけどレターはない」と返ってきた。

川栄李奈の場合は、学校の廊下で男子から直接「好きです」と告白されたという。彼女が「ホントにごめんなさい」とお断りしたところその男子が泣きだした。当時を思い出しながら「泣いちゃって、すごいこっちが辛かった」と申し訳なさそうだった。

そんな経験を乗り越えて成長した2人が女子高生役を演じる『僕やり』はトビオと蓮子の関係が急展開する一方で、今宵(川栄)は伊佐美(間宮祥太朗)との子を妊娠したことが分かる。それぞれの人間関係が変化しつつ佳境へ向かう次回に注目だ。

権利侵害申告はこちら