記事提供:Conobie

私が育児と家事、仕事とうまく両立できなくて、いつも余裕がなかった頃、偶然にもムスメがしてくれた、とある事で笑顔になりました!

毎日へとへと

この当時、毎日うまくいかないと思いながらイライラする自分と戦っていました。

バタバタと家事をしていた時、ふとムスメを見ると…私のスマホを触っていたのです。

あー!あんまり触らせたくないけど、触らせているとおとなしいし…取り上げるときっと…泣いてぐずって余計に家事がはかどらなくなりそうだし…、

と、悩みながらも、家事をすんなり終わらせたい気持ちがあって、少しの間だけなら…と思い、ムスメにスマホを触らせたままにしていました。

嬉しくて驚き

家事が一段落つき、少し座ろうとした時。

さっきムスメが触っていたスマホを思い出し、どこか変なところを触っていないか確認しようとスマホをみました…。

すると…!!!

当時2歳のムスメが待ち受け画面の変更の仕方をしっていたとは、思えないので写真フォルダを見ていて偶然に待ち受け画面に変わったのかもしれません。

でも、この時、たとえ偶然でも、このチュー写真が待ち受け画面にでてきて、一瞬にして自然と笑ってしまい、驚きと嬉しさで疲れがとびました。

今でも、たまにこの写真を見ると思い出して笑顔になっちゃいます。

権利侵害申告はこちら