記事提供:しらべぇ

毎年冬になると論争が起きがちなのが「シチューをごはんにかけるか、かけないか?」といった内容。

カレーをごはんにかけるんだからシチューもいいじゃない…と思うのだが、否定派からすると「気持ち悪い行為」という人も。

■ハウス食品『シチューオンライス』

だが、そんなシチューごはん否定派でも肯定してしまいそうな激ウマ商品が、ハウス食品から発売された。

それは『シチューオンライス』という固形ルーで、ごはんにかける専用のシチューらしい。

■種類は2つ

「コレは試してみなければなるまい!」ということで、近所のスーパーへ行きシチューオンライスを購入。

種類はチキンフリカッセとビーフストロガノフの2つがあるのだが、今回はクリームシチューに近そうなチキンフリカッセを買うことにした。

■作り方は簡単

作り方は非常に簡単で、油をひいた鍋で鶏肉と野菜、きのこなどを炒め、水を入れる。

その後10分煮たら、火を止めてルーを入れ…、

仕上げに牛乳を入れ、5分煮たら完成だ。見ためはいつものクリームシチューと同じである。

■濃い味のクリームシチュー

試食してみた感想は、まず「濃い味のクリームシチュー」といった印象を受ける。

人によって普通のクリームシチューでは薄く感じるかもしれないが、これならごはんにかけても負けない味である。

味を濃厚にすることでよりごはんとの相性をよくした商品のため、きっとこれなら否定派でも納得する美味しさだろう。

■寒くなったらヒットの予感

まだ暑いのでなかなかシチューを食べる気にはならないかもしれないが、少し寒くなってきたらヒットしそうな商品だと感じた。

ハウス食品が魂を込めて作った、クリーム味の新ライスメニュー、気になる人はぜひ試してみよう!

権利侵害申告はこちら