記事提供:Conobie

息子は、計画通りのパパっ子に。でも…なんか思ってたのと違う!!

息子を「パパっ子」に育てれば、育児が楽になる…!?

息子が生まれる前、私は決めていたことがあります。

それは、「息子をパパっ子に育てよう!」…という計画。

なぜなら、「パパっ子になってもらえば、育児が楽になるかも?」という期待と、「放っておいたら育児に参加しないんだろうな、うちの夫…」という不安があったからです(笑)。

いざ実行!

息子が生まれてからは、声かけをする時に、なるべくパパの話題を口にするよう心がけました。

夫は仕事が忙しく不在がちだったので、そこにパパがいなくても、パパの存在を感じてもらえるようアピールし続けたのです。

その甲斐があったのかどうかはわかりませんが、1歳になる前には、すっかりパパっ子に育った息子。

夫も、息子からの純粋な愛情にメロメロ。

子育てにも協力的になり、まさに思惑通り!でした。

…あれ?思ってたのと違う??

この頃から、息子は何をする時にも「パパ!パパ!」と呼ぶようになりました。

私に対しては…。

パパっ子って、こういうもんなの?

これで大成功なの?

育児も夫と分担されたんだし、楽になった…のかな…。

これで、良かったんだよ…ね?

…って、ほんとに~!?

息子がパパっ子になるって、さみしい(笑)

いつでも「パパ、パパ」と言うようになり、私には「バイバイ!(あっち行って)」という意思表示されてから、ついに思い知った現実…。

そう、それはものすごい「疎外感」でした。

これまで、ずっと私にべったりだったのに!

ご飯もネンネも、お母さんじゃなきゃダメだったのに~!

急に仲間外れにしないでよ~~!!

自分でパパっ子計画を企てておきながら、「おいしいところだけ持っていきやがって…!」と、夫に嫉妬する始末。

思ってたのとは違ったけれど

2歳を過ぎた今でも、息子は相変わらずパパが大好きです。

時々は寂しさを感じることもあるのですが(笑)、夫が育児に積極的に参加してくれることは、やっぱり私の負担を軽くしてくれています。

育児やしつけについて夫に相談しやすいのも、大きなメリットだな~と感じています。

また、生真面目な性格ゆえについ一人で頑張りすぎてしまう私にとって、「パパっ子計画」は、ピッタリな方法だったかもなぁ…とも。

今となっては、パパっ子育児に感謝できるようになりました!

権利侵害申告はこちら