記事提供:日刊サイゾー

NHKオンラインより。

■「小学生の頃から、おじさんが好きだった」

8月25日放送『あさイチ』(NHK)のプレミアムトークに、HKT48指原莉乃が出演した。

AKB48総選挙で3連覇を果たした実績の持ち主である指原だが、彼女は48グループに参加した直後から「歌、踊り、ルックス、どれもイマイチ」と自覚していたという。

事実、この日の番組には「さっしーはまあまあかわいくて、歌もまあまあうまくて、踊りもまあまあなのに、いつも1位を取れるのはどうしてですか?」という10代の女子からの投稿が寄せられている。

このぶしつけな質問を聞いた指原は、笑いながら「ファンとの絆が強い」からだと回答。彼女のファンはほかのメンバーのファンと少し異なり、年齢層が高めらしい。

中には孫と共にコンサート会場へ足を運ぶ60代のファンもいて「投票券もだんだん、かすみ目で見えなくなってくるんですって(笑)」と、独特な“さっしーファン”の中身を明かしている。

指原がいわゆる“おじさん”に愛でられるタイプであることは、間違いない。彼女自身もそうなるよう留意しているらしく、タモリ松本人志といった大御所を前にしても必要以上に恐縮せず、いて当たり前のような態度を心がけているそうだ。

一方、司会の有働由美子アナウンサーは、逆におじさんを愛でる側。

多くのお偉いさんと親交があるであろう有働アナに対し、V6井ノ原快彦が「有働さんもすごいじゃないですか、いろんな知り合いの方がいて」と振るや、彼女は即座にうっとりした表情となって好き勝手言い始めた。

「私はね~、小学生の頃からおじさんが大好きだったの。鶴田浩二さんとか、高倉健さんとか、勝新太郎さんとか、渡哲也さんとか、小林旭さんとか大好きだったから。おじさんはそうあってほしいと思ってるから、逆に言うと中途半端なサラリーマン系のおじさんは苦手なの。おじさんにはみんな、ヤクザか渡り鳥かトラック野郎でいてほしいの!その代わり、すごくリスペクトして、なんでもしてあげたくなる」

語りながら遠くを見つめる有働アナに対し、「そんな人、今、一人もいないからね!」と苦笑交じりにツッコむ井ノ原であった。

■「ダメ男を支えたい」(指原)「そんなことしてるとヨソ行っちゃうよ!」(有働アナ)

ウソか本当か、「年収3億円」という説がささやかれている指原は「お金が欲しいわけじゃなくて、貯金が好き!」と断言する。

その理由について、彼女は「ダメな男の人が好きで、働かない人でも好きになっちゃえば大丈夫。『自分が働けばいいや』って思っちゃうタイプなんで、今のうちにお金ためてダメ男支えたい」と、その真意を明かした。

しかし、この指原の言葉を聞いた有働アナの表情が一変する。

「ダメな人はそうやって甘やかされると、そこで甘えちゃってヨソ行くよ、きっと。ダメなんだもん!本当にちゃんとしてたら、(指原を)なんとかしてあげようとして働くもん」

誰か特定の男を思い出して言葉を発しているのか、その顔つきは異常にシリアス。

「有働さんの過去のことを知らないですけど、メチャメチャ説得力あります!」「やめよ!」と思わず引き下がる指原に対し、「長く失敗したから、今、お伝えしてるわけです」と、姉御肌を見せつける有働アナ。

いや、親身になる一方で、自分に向けて教訓を発しているように聞こえなくもなかった。だって、朝からあんなに鬼気迫ってるんだもの。思わず、有働アナの男性遍歴を調べたくなってしまった。

権利侵害申告はこちら