記事提供:Conobie

お義母さんの訪問はちょっと気を遣いますよね。

良い嫁と思われたいけど…。

我が子がまだ小さかったころのビックリエピソードです。

我が家は主人の実家と自転車で行き来できる距離にあったので、お義母さんがふらっと訪ねてくることが。

お義母さんはサバサバテキパキしてて働き者。

人柄は好きなものの、ちょっと緊張感はありました。

私もあの頃はまだ「良い嫁」と思われたい、そんな気持ちもありました。

我が家の娘らがまだ3歳&1歳くらいの頃のエピソードです。どうぞ~!

もう…バレバレやん…(涙)!?

うん、仕方ないよね、娘にとってはいつものこと、親のやることよく見てるだけなんだから。

子どもを見てれば親が見えるってね。

子どもは行動で実情を語り、お義母さんの目は口ほどにものを言っていた…。

私が大雑把でテキトーなので、その後もこんな感じの場面が何度も。

お義母さん、はじめの頃こそアレコレ言ってきたものの、私は私、ごまかしたって仕方ないのでもう開き直って笑い飛ばすように。

するとだんだん諦めてくれたのか「しょ~がね~なぁ!」と一緒に笑ってくれるようになりました!

とは言ってもそこは根比べ的な感じもありましたので、皆さまもくれぐれも普段の言動にはお気をつけてくださいね!(笑)

権利侵害申告はこちら