記事提供:しらべぇ

飲食店に行き、ゆったりと食事や会話を楽しみたい状況で、他人の子供がうるさく騒いでいると、イラッとしてしまう人は少なくないだろう。

なかには、普段は優しい女性を演じているのに、ふとした瞬間に本性を見せて、男性に引かれてしまう人も…。

しらべぇ取材班は、男性に「飲食店で子供がうるさい時に女性がした最低行動」を調査してみた。

①必死に謝罪をする母親を横目に「あんな親にはならない」と言う

「レストランで感情を抑えきれずに叫び出した子供がいたんですが、母親は周りの客に『すみません』と頭を下げながら、必死になだめていて、十分立派なお母さんだと思いました。

しかしインテリ系の彼女は、それを軽蔑した目で見ながら、『私は子供を騒がせるようなあんな親にはならない』と冷たく一言。子育てはそんな簡単じゃないと思う…」(男性・28歳)

出典しらべぇ

②子供好きをアピールしていたのに、酔っ払って本音を漏らす

「合コンをしていた時に、ちょっと騒がしい子供連れの集団が近くにいたんですが、その女性は『キャ~可愛い!』とか言って子供好きアピールしていました。

しかし酔っぱらううちに本性が出たのか、『うるさいガキとかまじ世の中から消えてほしい』など怖い顔で言いだし、人間のカオスを感じましたね…」(男性・26歳)

出典しらべぇ

③子供相手に本気でキレて店内中に響き渡る声を出す

「飲食店で騒ぐ子供がいて、不思議ちゃんだった彼女が『ねぇ、うるさいよ!』と怒ったんです。

そうしたら子供が『おまえのほうがうるさい!』と言い返してきて。それにキレた彼女は『おまえのほうが、うるさい!うるさい!うるさーい!』と、店内中に響き渡る声で連呼を。

子供はビビって逃げるし、大人げなさに引きました」(男性・24歳)

出典しらべぇ

・女性のほうが子供が苦手?

ちなみにしらべぇ取材班が、全国20代~60代の男女1,378名に「正直言うと子供が苦手であるか」を調査したところ、意外にも男性より女性のほうが「はい」が多い結果となった。

女性は子供好きというイメージを持たれやすいため、「ひどい」「冷たい」と思われないためにも子供好きを演じることもあるかもしれない。

ただ飲食店でうるさい子供にたいする態度や視線で、その本性がバレてしまう可能性があるので、注意したい。

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年5月20日~2016年5月23日
対象:全国20代~60代の男女1,378名(有効回答数)

権利侵害申告はこちら