記事提供:日刊大衆

10月の番組改編で、バラエティ番組『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系)の放送が終了することが発表された。

過ちを犯してしまった“しくじり先生”たちが、貴重な失敗談を明かす人気番組だが、視聴者からは意外にも「終了やむなし」といった反応が上がっている。

過去に大きな失敗をした著名人たちが多数出演してきた同番組。

“こりん星キャラ”に押しつぶされた小倉優子(33)や、手品師なのに詐欺師呼ばわりされたMr.マリック(68)など、バラエティ豊かな講師が登場。どん底まで落ちてしまった苦い経験を語り、人気を博してきた。

しかし、最近はしくじり先生の人選に違和感を持つ人も。昨年、小林麻耶(38)が“八方美人で嫌われちゃった”というしくじりを語った際には、「そんなにしくじってないのに、どうして出るの?」といった感想がネットに上がった。

さらに、8月13日の放送では“あなたの街のしくじり先生”という、一般人の失敗談を紹介する新コーナーが登場。これに対しても、「いよいよ有名人だけでは番組を作れなくなった?」という感想が出ていた。

そんな状況もあってか、今回の番組終了に関しては、納得している視聴者が多いようだ。

「なんとなく、こうなると思ってた」「先生役がとうとう尽きたか」「最近キャスティングが微妙だしな」「この番組を継続させるのはかなり難しそう」といったコメントがネットに続出。

「今年の春に、ゴールデンから放送時間が変更になったときにも、番組の打ち切りは噂されていました。オリエンタルラジオ、杉村太蔵など、いくつも“神回”を生み出してきた番組だけに終了は残念ですね」(テレビ誌ライター)

番組終了に納得する声が多い一方、「良い先生が見つかったら特番などでときどきやってほしい」と、終了を惜しむ人も少なからずいた。面白い“しくじり先生”を引き連れて、ぜひいつか復活してほしい。

権利侵害申告はこちら