「21歳の誕生日を迎える脳性麻痺の息子に大好きなパレードを見せてあげたい!」

そんな想いを母親がSNSに投稿したところ、誕生日の日、自宅前に衝撃の光景が訪れたという…実にアメリカらしい話。これが「なんて素晴らしい話なの!感動したわ!」「最高だ!だからアメリカが好きなんだ!」と海外を中心に話題沸騰!現在、多くの人々を魅了しているので紹介したいと思います。

息子の誕生日。特別な日にしてあげたい…

アメリカ、インディアナ州インディアナポリスに暮らすコチラの男性。彼が脳性麻痺を患う息子の“Matthew”さん。なお、彼は脳性麻痺だけではなく、自閉症も併発しており、その結果、外出はほとんど皆無。家を出る事がほとんどないのだそう。

そんな彼の唯一の楽しみは、テレビやDVDなどで観るパレード鑑賞だそうで、特に車やバイクといった乗り物の大行列には目がないのだとか。

パレードを生で観たいという願望はあるものの、(脳性麻痺によって)歩行が困難な為、叶わぬ夢だと思っているMatthewさん。

そんな息子の姿を毎日見続けてきた母親のKimさんは、常日頃から「なんとかしてあげたい!」と思っていたそうなのですが、誕生日を目前にして遂に立ち上がります。自身のSNSを開き、そこに…

土曜日に息子・Matthewが21歳の誕生日を迎えます。

Matthewはパレードが大好きなので、私は彼に、バースデー・パレードをプレゼントしたいと思っています。もし宜しければ、土曜日、私の自宅前を通る際、クラクションを鳴らして頂けませんか?彼は乗り物だったらなんでも大好きなので。なるべく多くの人に来て頂けると嬉しいです。皆さん!お待ちしてます!

このようなコメントをアップ。なお、誕生日まであと数日だった為、正直、10人でもクラクションを鳴らしてくれればと思っていたそうなのですが…

コメント欄には続々と

「必ず行くわ!」「Matthew君の誕生日!盛大に祝おう!」

というコメントが!また↑のように、「準備OK!」というコメントも続々と到来!

そして、いよいよ誕生日の日。

Matthewさんは衝撃の光景を目の当たりにするのでした!

自宅前に押し寄せる数百台の車。

普通車はもちろんのこと、カスタムカーやレースカー。パトカーも参加。

さらに、救急車や消防車、トラックまでも!

そこはもう…完全にお祭り状態!

驚きを隠せないMatthew君。そのパレードはなんと1時間半以上も続いたのだとか。

「想像以上の数だった。ディズニーのパレードにも負けていなかったわ!」

そう話すKimさん。(笑)地元メディアによると、この日集まった車両は350台以上だったそうです。

誕生日おめでとう!

自筆のメッセージボードを掲げる女性。

地元のマーチングバンドもMatthewさんの誕生日をお祝い。

ちなみにこの日、(お祝いの為に)数百km離れた場所からやってきたという人もいたそうです。

終始、笑顔だったというMatthewさん。また、Kimさんは地元メディアを通じて

「息子の為に、こんなにたくさんの人が来てくれるだなんて…まるで夢のよう。本当に感謝しているわ。」

と発表。家族にとって最高の思い出が出来たと感謝の言葉を述べていました。

喜ぶ顔が見たい!そんな想いによって生まれた世界一心温まるパレード。これはMatthewさんにとって一生忘れられない思い出となったに違いありませんね。

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら