記事提供:しらべぇ

出典 https://abema.tv

(画像はAbemaTVのスクリーンショット)

インスタ映えするメニューや、オシャレな美男美女が店員の「オシャレカフェ」。そういった雰囲気に憧れる一方で、イラッとした経験をしたことがある人もいるだろう。

21日放送の『おぎやはぎのブステレビ』(AbemaTV)でブス女性たちが明かした、オシャレカフェ店員の実態が話題に。

■オシャレカフェのムカつく店員

番組では「オシャレカフェのムカつくところ」について、スタジオの「ブス女性陣」たちにインタビュー。

・ブスには愛想が必要ないと思っているのか、お水がセルフサービスのカフェで、半笑いで「セルフ!」と言われた。

・コーヒーはきたがケーキがこなかったため席を立ったら、机を片付けられ他の人が座っていた。店員に指摘したところ「お金いらないんで、待つか帰るかしてください」と逆ギレされた。

・オシャレなメニューを頼もうとして噛むと、食い気味に「○○ですね!」と見下した感じで言われた。

・混んでいるカフェで、後ろから「おい、席どけ!」と美人店員に言われて圧倒的敗北感を受けた。

出典しらべぇ

ブスというだけで非常識な態度をとられることも珍しくないという。

■ときには犬以下の扱いを受けることも…

この他にも、ペット可のカフェで虫入りの水を出されたのでとりかえるようお願いしたら、愛想悪く接客されたというエピソードが。

その後、別の客の犬の皿をこぼしてしまったトラブルでは「大変申し訳ございません」と謝り、犬以下の待遇を受けたと嘆いた。

また、タレント・ぱいぱいでか美(26)からは、「あまり苦味がなくて酸味があるコーヒーはどれですか?」と聞いたところ、店員から「コーヒーで苦味ないって言われても」と半笑いでバカにされたというエピソードが。

■ブス女性の悲哀話に同情

これらのエピソードにMCのおぎやはぎ・矢作兼(45)は「キチィな…ほんとそんな目にあうんだ…」、小木博明(45)も「つらいなあ」とドン引きしながら同情した。

スタジオの女性たちによれば、食べ物に髪の毛が入るのも日常茶飯事のよう。しかし、店員とのトラブルを避けるために指摘できず、そっと髪の毛を取り除いて食べているという。

■美女の4割は「容姿で得してる」

しらべぇ編集部が全国20~60代の容姿端麗な男女263名に「容姿で得したこと」について調査したところ、4割以上が「人生楽だったと思う」と回答。

女性のほうが容姿で得をした経験が多いようだ。

仕事や人間関係だけでなく、オシャレなカフェでも美男美女のほうが得をしているのかもしれない。

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年6月24日~2016年6月27日
対象:全国20代~60代の容姿端麗な男女263名(有効回答数)

権利侵害申告はこちら