結婚する2人にとって、婚約指輪はとても大切なかけがえのないもの。カナダ在住のメリー・グレムスさんも、結婚する1年前の1951年から、肌身離さず身につけて大切にしていました。しかし今から13年前の2004年9月、メリーさんはそんな大切な婚約指輪をなくしてしまったのです。

メリーさんは家族で経営する農場でで草むしりをしている時、指輪がなくなったことに気がつきました。驚いて必死に探し周りましたが、とうとう指輪は見つかりません。

「きっと、落とした指輪と共に土を耕してしまったんだろう」そう考えると、泣く泣く指輪を諦めましたのです。

けれど夫には、婚約指輪をなくしたとは言い出せませんでした。そこでよく似た指輪を注文して、それをはめて過ごしていました。その後、メリーさん夫婦は農場経営を親戚に譲り、別の町に引っ越します。

「もう2度と主人からもらった婚約指輪はもどってこないだろう」

メリーさんはすっかり指輪のことは諦めていました。

13年後、想像もしなかった形で指輪が戻ってくる!

今年8月のこと。義理の娘のコリーンさんが、夕飯のために農場でニンジンを収穫していると、いびつな形のニンジンがあることに気がつきます。犬にあげようかと思うも、なんとなく気になりそのまま持って帰ったのだそうです。

そして土を落とし洗ってみると、なんとそのニンジンが指輪をはめていたのです!

土の中で一緒に耕やされた指輪が13年たってから、偶然ニンジンが小さなうちにうまくはまり、そのまま成長した模様。

コリーンさんはもしかしてと思い「畑で指輪をなくしたことある?」とメリーさんに尋ねました。驚いたのはメリーさんです。婚約指輪をなくしたことは誰にも話していなかったはず。びっくりして「なんで知ってるの?」と返事をすると、コリーンさんは大笑い。

「こんな面白い指輪、一生に一度しか出会えないと思うわ!」

BBCのインタビューで、メリーさんは「指輪をなくしたことを夫に話せば良かった」と思っていると話しました。「彼はとってもジョークが好きでユーモアがある人だったの。だから、今回のこの出来事を一緒に楽しんでくれたと思うのよ」

婚約指輪がなくなっていることに気付いていたのかいなかったかはわかりませんが、夫は5年前に結婚60周年を祝った後に他界したそうです。

13年もの時を超えて戻ってきた婚約指輪は、1951年に夫につけてもらった時と同じように、メリーさんの指にぴったりとはまりました。

愛する夫との思い出の指輪を取り戻したメリーさんは、CBCのインタビューに笑顔でこう答えました。

「再びこの指輪に会えるなんて思ってもいませんでした。これからまた、ずっとこの指輪をはめていくつもりです。だってほら、まだ私の指にぴったりですから」

13年前の指輪が見つかることもすごいですが、広い農場の中でニンジンが小さな指輪をはめて収穫されるなんて、ものすごいミラクル!もしかしたら、一足先に天国へ向かった夫からのプレゼントだったのかもしれませんね。

この記事を書いたユーザー

Mucoco このユーザーの他の記事を見る

これまでご愛読ありがとうございました。感謝です!
過去記事の一部をブログで公開予定です。
ゆっくりとした更新となると思いますが、どうぞ宜しくお願いいたします^ ^

権利侵害申告はこちら