「もう歳だから」

つい口にしてしまいがちなこの言葉。けれど年齢を気にするなんてナンセンスだと教えてくれるカッコイイ女性のInstagramが世界中で注目されています。

台湾在住のMoon Lin(ムーン・リン)さんは、88歳。InstagramとFacebookのアカウントを持ち、ストリートウェアを着こなし、自由にファッションを楽しむ姿を更新しています。

Supreme、Y-3、ASSC、Vetements、私たちのイメージする88歳のワードロープとは明らかに違うそのラインナップ。しかもその着こなしは参考にしたいレベル!

もともとおしゃれが大好きだった彼女。これらのファッションは、すべて自分で選んで購入しているそうです。

自撮り棒をつかって撮影することも多いそうですが、街頭での全身ショットなどは、通行人に頼んで撮影してもらっているのだとか。

Moon Linさんが更新しているのは、ファッションだけではありません。日々の生活をエンジョイする様子や食事、人生についての考え方などを、世界中の人々にシェア。そんな彼女の投稿を世界中の人が楽しみにしているのです。

「今日の水泳のコーチは最高にハンサムだったわ!」

かなりがっつり系の食事風景も。

「生きているのだから幸せにならないと」

この日に投稿されたのは、懐中時計の写真。これは彼女のパートナーのものだったそう。時計の針は午後7時15分。これは彼が亡くなったその日に、この時計も止まったのだそうです。

「ある一定の期間、私はこの時計を見るのが怖かった。けれど、彼の夢を見て思ったの。私は今、生きているんだから、幸せな毎日を過ごさなくちゃいけないってね」

「人生は88歳から始まる」

下の写真には、こんなコメントを添えて投稿しています。

『88歳だって、自分が着たいものを着なくっちゃ。誰も私をコントロールできないわ。毎日、何か新しいことにトライするようにしてるのよ。明日はタトゥーを入れようかしら。人生のスタートは88歳からよ!』

今年の5月、SNSを始めるために撮影した写真を、知人がFacebookに「彼女は私がFacebookをしてきたなかで、最年長の友達よ!」と投稿したところ、一気に拡散。その人気に火がつきました。

5月に開設したばかりのInstagramは、すでに9万を超えフォローされています。

彼女のSNSのコメント欄は、中国語だけでなく、英語やフランス語、ロシア語、そして日本語など、毎回、世界中のファンからのメッセージで埋め尽くされています。

その多くが「あなたのファッションを参考にしてるの。最高にクール」「あなたみたいに素敵に歳をとりたいわ」「いつも投稿を見て笑顔をもらっているんだ、ありがとう!」という絶賛の声。

自分の写真がこんなに多くの人に支持されるとは思っていなかったという彼女。

「私はただ、ずっと自分がやりたいと思ったことをやり続けてきただけなのんだもの」

Moon Linさんの毎日を見ていると、年齢の呪縛や、いつの間にか自分で決めてしまった枠から出られずにいた自分に気がつかされてハッとします。

自分を幸せにしてあげられるのは自分!これから先の人生で、今の自分が一番若いのだから今がスタート、何でもできる、そんな勇気をもらえる気がしますね。

この記事を書いたユーザー

Mucoco このユーザーの他の記事を見る

愛犬と一緒に、海を眺めながら暮らしています。

権利侵害申告はこちら