記事提供:Conobie

「スプーン嫌だ!お箸がいい!」「これやだ食べない!!」イヤイヤ期の娘との食事はいつもこんなことばかり。

そんな娘を納得させるため、説明や代替案を出して今日もなんとか食事を乗り切っています。

ご飯の時間になると…

とうもろこしのスープを出したのに、頑なに「お箸で食べる!」と言い張る娘。

だけどこれスープだし、お箸は洗ってしまっているし…。

そこで、こんな提案をしてみました。

お箸がないことに納得してくれた娘。

そして自分でスプーンを選んだことに満足して、スープを飲んでくれました。

自分で見て、選んだことで、納得してくれたんでしょうね。

こんなシーンでも…

他にも、こんなことがありました。

「豚汁食べない!」と言い張る娘。

だけど、こんなにお野菜たくさん栄養たっぷりなのだから、ママとしてはどうしても食べてもらいたい!!

そこで…。

「どれ食べる?」と聞いて、選んでもらう作戦にしました。

人参を食べたら、「じゃあ次はどれにする??」と聞き続け…完食はできなかったけれど半分くらいまで一緒に食べられました!

苦手なしいたけも「しいたけ、一番ちっちゃいのなら食べてみる??」と聞くと、「うん!」と答えて頑張って食べてくれました。

子どもが納得できること

説明して納得してもらったり、自分で選んでもらったり、あと、ほんのちょっと子どもだましもしながらのお食事作戦です。

必ずうまくいくわけではないけれど、こんなやり方もありかも!?

今日も娘の胃袋へ確かな栄養を届けるために、ママは頑張ってます。

権利侵害申告はこちら