記事提供:サイゾーウーマン

東京・自転車シェアリング広域実験 ホームページより。

なるほど、テクノロジーの勝利だ…。

最近、都内の一部地域で、よく見かけるようになった赤い自転車。現在、23区では千代田区・港区・中央区・文京区・新宿区・江東区が参加している「自転車シェアリング(レンタサイクル)」である。

会員登録すれば、サイクルポート(専用駐車場)に設置された自転車を自由に利用できるサービスだ。

とりわけ、ビジネス街などでは盛んに使われているようで、ひと際目立つ赤色の自転車にまたがるサラリーマンの姿をよく見かける。

環境に優しい乗り物ということもあってか、自治体が運営する自転車シェアリングは全国で増加中だ。何しろ、電車の便が悪いところに、ちょっとした移動をするならタクシーに乗るよりも格段に安い。

上記の「自転車シェアリング」の場合、1回の利用料金は最初の30分が150円となっている。東京という街は、電車で移動しようとすると、遠回りになってしまって面倒という地域も多いもの。

都営バスの料金210円(ICカードだと206円)よりも若干安く乗れるあたりメリットは多そうだ。

地方都市では東京に先行して自治体の実施するレンタサイクルが普及しているところも多い。たとえば、香川県の高松市がそう。

この街の場合、ターミナル駅であるJR高松駅と繁華街が若干離れていることもあってか、朝、駅前で自転車を借りて会社に向かい、帰りに返すという使い方をしている人も多い。

こちらの場合、利用料金が24時間以内200円と、かなり激安。また、放置自転車を再利用してるために費用も抑えられているというのもポイントである。

環境に優しい乗り物として、全国どころか世界規模で普及しつつあるレンタサイクル。そこで、ちょっと疑問なのが盗難の危険。そして、地形の問題である。

日本よりもレンタサイクルが普及している中国では、民間業者も数多く参入しているが、中には次々と自転車が盗まれて廃業する業者も。

それに、坂が多い地域で、自転車をこぐのはかなり厳しいはず。都内の「自転車シェアリング」実施6区の中でも文京区と新宿区、それに港区もけっこう坂が多いハズだ。

昨年10月から事業を開始した新宿区に、そうした疑問を尋ねてみたところ、こんな答えが。

「すべて電動自転車にしているため、坂を苦にしているという声は聞いていません。むしろ、坂で苦労しなくて便利という声もあります。またGPS機能もついていますから、盗難されたという話もありません。返却する場所がわからなくて放置されたという程度です」(新宿区の担当者)

都内6区の「自転車シェアリング」の場合だと基本的にクレジットカード認証が必須。それに加えてGPS機能もあるため、うっかりさんはいても、不届き者はいないということのようだ。

おまけに、坂をも苦にしない電動アシストがついてるとは…テクノロジーの勝利ではあるまいか。ちなみに気になるバッテリーの充電だが、担当者が定期的にポートを訪れ、フル充電済のバッテリーを交換しているというから安心だ。

ただ普及に向けては、まだまだ課題が残っている。とりわけ普及のネックになっているのが、ポートの設置だ。新宿区の場合、区内100カ所を目標としているが現在は37カ所。そのうち3分の1は民間の土地を借用したものだ。

すでに、公共施設で設置可能な場所には、だいたい設置しているそうで、今後は設置に適した民間の土地を借りてポートを増やしていく方針だとか。

「現在、6区のどこで借りても、6区のどこのポートにでも返却できるようになっているという利点がありますので、どんどん活用して欲しいと思っています」(前述、担当者)

徐々に存在感を増しつつある便利で安いレンタサイクル。多くの場所で24時間対応だから、終電を逃してしまったときには、使ってみるといいかも。ただし、自転車でも飲酒運転は道路交通法違反になるので念のため。

権利侵害申告はこちら