記事提供:サイゾーウーマン

真木よう子が主演を務める連続ドラマ『セシルのもくろみ』(フジテレビ系)が8月10日に第5話を迎え、平均視聴率3.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と自己最低を記録。

初回から5%台と低迷していた同ドラマだが、いよいよ3%台に突入してしまった。

「人気小説家・唯川恵の原作をドラマ版にアレンジした同作は、ガサツで平凡な主婦・宮地奈央(真木)が、人気女性ファッション誌の読者モデルとして奮闘するストーリー。初回から平均5.1%と大爆死し、その後も4%台を連発。第5話では、第4話の4.4%から、さらに0.6ポイント下落し、ネットユーザーも『打ち切り濃厚』と感じているようです」(芸能ライター)

そんなネット上のコメントを見ていると、どうやら主演の真木が不評を買っていることがわかった。

「まず、奈央のキャラクターが原作よりもかなりガサツな女性として描かれているのですが、『真木の演技はガサツを通り越して下品!』『コミカルな演技がわざとらしくて、見ていて恥ずかしい』『しゃべり方がオバちゃんっぽくて、モデルとかけ離れてる』『短いヘアスタイルでギャーギャー騒ぎ立てて、サルみたい…』『ちょんまげ頭も笑っちゃう』など、まったくウケていないんです。本人は久々の連ドラ主演で張り切っているのでしょうが、過剰な役作りでスベッている感が否めませんね」(同)

さらに、真木の空回りは、本人のTwitter投稿からもにじみ出ているようだ。

「真木は、ドラマの放送開始前にTwitterを開設したものの、最初の『初めまして。ワタクシ通り名真木よう子』という投稿で、早速ネットユーザーを『なんかイタい』とドン引きさせました。また、初回の視聴率が奮わなかったことにも自ら言及し、『私は悲しいんでません。むしろ更に燃えて来ました』とツイート。これに対しては、『自分から視聴率に触れるとは、かなり気にしてるんだね』『強がってるのが、逆に悲しい』などの声も出ていました」(同)

そのほか、真木は宣伝ツイートの合間に、一般ユーザーのリプライに返信を行っている。

自身のバストを「垂れた」と指摘してきたユーザーに対し、「子供産んで授乳して、34歳の本物のFカップは、重力に逆らえず垂れるのが正常です」と、カップ数を明かすとともに、一部でささやかれている“豊胸疑惑”も否定。

ネット上では、「ミステリアスな女優だと思っていたのに、残念」「実はかなり世間の声を気にしてるよね」「真木はSNSやらない方がいいタイプ」「ドラマも見る気なくす」といった意見が噴出していた。

真木の“暴走”が、ドラマの視聴率不振を後押ししてしまっているのかもしれない。

権利侵害申告はこちら