記事提供:Techinsight

死んだふりをする犬。

オーストラリア・クイーンズランド州ゴールドコーストでなんとも強情(?)な犬の姿が捉えられた。リーシュでつながれ飼い主の後ろを歩いていたその犬は、急に歩くのをやめ「帰りたくない」と抵抗を始めたのだ。

早く家路に着きたい飼い主と、まだまだ散歩をしていたいゴールデン・レトリバー。大勢の人がゆったりとくつろぐ休日の公園で、その“ドラマ”は繰り広げられた。

「まだ帰りたくないんだ。そんなに引っ張らないでよ。もうちょっとだけ遊ばせて…」そんな声が聞こえてきそうなワンシーン。

飼い主の男性はリーシュを引っ張り前に進もうとするが、その犬はバーリー・ヒル(Burleigh Hill)の公園の小道にお座りをして動かない。周りからは笑い声が聞こえるが犬は真剣そのもので、ぐっと足を踏ん張りその場に留まっている。

困った様子の飼い主が近づき何やら話しかけたが、犬の意志は固いようだ。そして次の瞬間、コロンと寝そべったかと思うとお腹を見せて死んだふり(?)を始めた。

ビクともしない相棒に業を煮やした飼い主は、ついにリーシュを外すと「行くぞ~」と犬を置いて歩き始める。それを横目で見つつも死んだふりをすること約1分。

ゴールデン・レトリバーはやっと観念し、身を翻して飼い主のもとに戻っていった。周りからは拍手が沸き起こった。

この様子はクリステン・ボールセンさん(Kristen Bohlsen)によって今月6日、Facebookに投稿され、一気に拡散した。

動画を見た人は「週末のバーリー・ヒルであのペアをよく見かけるんだ。あの犬はいいキャラしてるよね」「このゴールデン・レトリバーは月曜の朝、会社に行きたくない私と一緒。暖かいベッドを出るのは嫌だもの。気持ちはわかるわ」「バスタイムになると、うちの犬も死んだふりをするよ」「なんて可愛いんだ」といったコメントを寄せている。

犬がお腹を見せる行為は服従を意味するだけでなく、時には攻撃や防御といった戦闘的なサインの現れという説もあるとか。いずれにしても、ゴールデン・レトリバーのささやかな抵抗は多くの人に笑顔をもたらしたようだ。

1頭の犬の予期せぬ行動と言えば今年2月、ブラジルで裏庭から入れ歯を見つけた犬が話題になった。入れ歯をはめた犬の写真はSNSで拡散し、世界中をほっこりさせていた。

出典 YouTube

権利侵害申告はこちら