記事提供:Conobie

我が家は共働き。どうにか、夫にも家事を分担してもらいたいのです…!!

わが家で家事の大部分を担当しているのは、私です。しかし私も平日の日中はパートへ出ているため、「夫にも家事を分担してほしい」と、前々から思っていました。

そのことで何度となくぶつかって、ケンカをしているうちに、

・「やってほしい」という気持ちを前面に出しすぎないこと
・「一緒にやろう」というスタンスでいること

…が、ポイントなのかも!?と思い始めました。

そこで今試しているのは、こんな方法です!

選択型

何かをやってほしいと頼んでも、難色を示されることが多々あります。

そんな時には、私が取り掛かろうとしている家事を2つ選択肢として伝えて、どちらがいいか「夫に」選んでもらっています。

最初から手分けし型

時には、夫に選んでもらうのではなく、

こちらから「手分けしてやろう!」と提案することもあります。

私もやる。

だから、あなたもやる。

ただそれだけです(笑)。

ちょっとずつグレードアップ型

子どもが生まれてから、子どもを連れてのゴミ出しが大変なので、夫に出勤ついでに頼むようになりました。

徐々に徐々に、「ゴミ出し」という家事の本質を突いていく取り組みです!!

とことん褒め&甘え型

主婦だって、たまには他人が作ったご飯が食べたいのです。

気まぐれで作ってくれた夫の料理を褒め「またあの唐揚げがたべたいなー!」なんて言ったら、休みの日であれば、ゴキゲンで作ってくれます。

限界アピール型

平日は夫の仕事の都合で、ワンオぺ育児となることが多いのですが、私のキャパシティ上、ワンオぺの状態が続くと混乱し始めます(笑)。

たまには素直にツライことを吐露すると、夫もまた、事の重大さを理解してくれるはず…たぶん。

ダメ出しはしないように

普段あまり家事をやらない人が、最初から完璧にできるとは思っていません。

多少の雑さや見落としも、私だってあるはずですから、夫にもダメ出しはしません。

「全然できてない!」と怒るより、「まぁ、いっか」と流したほうが自分的にも楽なのです。

ちなみに、できてない部分を私が補助したりもしません(笑)。

一緒にやる。言葉で伝える

本音を言えば、「言われなくてもやってよ!」なのですが、そう考えるよりも「言った方が早い」と気づいてからは、とにかく伝えることを心がけています。

家事を完璧に役割分担しようとすると、出来ていないときにイライラするので、わが家、というか私は、このくらいが良いのかも?と思っています。

こうやって、ゆるいルールで家事の分担を試みつつ…、

空いた時間で、夫婦の時間を楽しんでいます。

権利侵害申告はこちら