記事提供:Entame Plex

AbemaTVのAbemaSPECIALチャンネルにて毎週金曜夜10時より放送中の、お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣のレギュラー番組『エゴサーチTV』。8月4日の放送回では、タレントの重盛さと美がゲスト出演した。

本番組は、“エゴサーチ(=インターネット上で、自身の名前などを検索して自分自身の評価を確認する行為のこと)”が得意な西野がMCを務め、毎週迎えるゲストとともに、ゲストに関する“エゴサーチ”をしながらインターネットで出てきた情報や噂などについて、嘘か本当かジャッジし、訂正していく1時間のトークバラエティ番組。

西野が重盛についての記事を検索すると、セクシー女優・坂口杏里の記事がヒット。

記事には、坂口がセクシー女優デビューして話題になった際、重盛が「唯一連絡を取っていました」とワイドショーでコメントしたところ、坂口が「唯一連絡を取ってたって、取ってなかったんだけど」「さすが腹黒いや」とツイートしたことが記載されており、

重盛は、「坂口さんがセクシー女優デビューして話題になっていたとき、一緒の事務所だからやっぱり聞かれるじゃないですか」とした上で、「『仲良かったの?』って聞かれたので、『唯一連絡取り合う仲でした』って言ったんです」と騒動の発端を明らかに。

西野が「それ(連絡取り合う仲っていうの)は本当だったんですか?」と問い掛けると、

重盛は「それは本当です。焼肉食べに行っていたし、カラオケ屋さんも。なんなら、『私(坂口)の友達に(重盛の)ファンがいるから会ってご飯食べてサイン書いてあげて』って言われて、めっちゃ嫌なのにわざわざ渋谷まで行って、ご飯食べたりサイン書いたりしてたから、てっきり仲良い関係だと思っていたんですよ」と、プライベートでも会っていたことを明かし、

「そしたらTwitterに『さすが腹黒いや』って書かれて。それで私が後輩を使ってテレビに出てるって思われちゃって」と、事の経緯を語った。

その後、同じ所属事務所の後輩が「連絡取らずにどうやってカラオケ&焼肉行けますか?」などと反論し、さらに坂口が「何年前だよ」と応戦したことで、事態はさらに悪化。結局は重盛がブログでコメントを出すはめに。

Twitterでエゴサーチを行うと、『重盛さと美、島田紳介に「芸能界やめろ」と言われ干された過去を告白』という記事がヒットし、西野が「干されたんですか?」と尋ねると、重盛は「干されてはないです。干されてはないですけど、(紳介さんの)番組には一切出れなくなりましたね」と激白。

きっかけはあるクイズ番組に出演したとき、問題の意味すらまったくわからなかった重盛は何とか答えをひねり出したが、意味不明な解答をしてしまい、空気がガラッと変わったと説明。

その後、マネージャーが呼ばれて「『なんでこいつ入れたんや?芸能界で絶対売れへんで』って言われた」と当時の様子を赤裸々に明かした。

また次回8月11日(金)の放送には、今話題の上西小百合衆院議員が出演。西野と上西の炎上コラボが実現する。

(C)AbemaTV

権利侵害申告はこちら