飼い主さんの真似をして、あることをしているワンコが話題になっています。飼い主さんの真似をしているのは、Twitterユーザー「がくこ」(@vloc_ol)さんの愛犬、2歳の「なむ」ちゃん。

なむちゃんが真似しているのは、飼い主さんのナデナデ。しかもナデナデしている相手というのが…

一緒に暮らしているワンコ、9歳の「こてつ」ちゃん!

これは可愛すぎです。ナデナデされているこてつちゃんの、ちょっと迷惑そうな様子も可哀想だけど面白可愛い!

実はなむちゃんがこてつちゃんをナデナデするのは、これが初めてではありません。以前にもこんなツイートが。

ナデナデしているがくこさんの手の横に、ちょこんと映っているなむちゃんの足。飼い主さんが同居犬を撫でている時に、自分も撫でで欲しくてアピールするワンコは見たことがありますが、自分も一緒になって撫でちゃうワンコは見たことない!

なむちゃんのナデナデ、そんなに気持ち良さそうにも見えませんが、それでも怒らない優しいこてつちゃん。

でも撫でられる気分じゃない時もある

そんなこてつちゃんでも、撫でられたくない気分の時もあるようで…その時の表情がまさに『仲良くない人から頭ぽんぽんされたときの女子』

これはわかる!顔にはださなくても、本当は心の中でこの表情ですよね。思わずこてつちゃんに共感しちゃいます。

なむちゃんのナデナデがいつから始まったのかを飼い主のがくこさんに伺ったところ、なむちゃんがやってきた2年前からすでにその片鱗が見えていたそう。

「うちに来たての頃からすでに顔タッチをよくしていたので、(ナデナデが)飼い主の真似か、生まれ持ってかは謎です」

子犬の頃からの顔タッチが、飼い主さんの真似をして更に進化したのかも!?

この頃はまだ、遠慮がちに鼻先にちょんとタッチ。

「おそらくはじめの頭ぽんぽんもどきです」という写真は、ほぼパンチ。それにしても、怒らないこてつちゃんはやっぱりえらい!

とはいえ、こてつちゃんだって負けていません。この日は、愛情たっぷりのガブリを披露。

なむちゃん、食べられてる!

しかも食べられているのに平静なところがたまりません。実際は、ちゃんと手加減して噛んでいるので安心してくださいね。

実はこの2匹、激しすぎる愛情表現が魅力なのですが、犬の遊びを見慣れない方にはちょっと刺激が強すぎかも。という事で、今回は1枚だけ。気になった方は、Twitteをチェックしてみて下さい。ドキドキするかもしれませんが、そのドキドキがくせになる!?

遊びでじゃれあっているうちに、ギリシア神話に登場する双頭の犬・オルトロスになってしまったなむちゃんとこてつちゃん。こわいけど目が離せません。

「暮らしはじめて1ヶ月もしない間にガウ(優しめ)をしていました、気がついたら今の感じです」というなむちゃんとこてつちゃん。激しい愛情表現は、出会ってすぐに始まっていたのですね。

出典がくこ @vloc_olさん提供

なむちゃんがやってくる前、こてつちゃんはもらったヌイグルミをとても可愛がり、耳をなめたり、トイレに連れて行ったり、まるで赤ちゃんのお世話をするように大事にしていたのだとか。

なむちゃんは、こてつちゃんにとって大切な子供のような存在なのかもしれません。一方、なむちゃんにとって、こてつちゃんはお母さんのような存在なのでしょう。その大切さを、ナデナデやガブリで表現!

そんな唯一無二のペアは、頭をナデナデされたり、顔を食べられたりしながらも、今日も一緒。いつまでも元気で激しく仲良しな毎日を過ごして下さいね!

※この記事は、ツイート主である「がくこ(@vloc_ol)」さんの許可を得て作成しています。

こちらの記事もオススメです

この記事を書いたユーザー

Mucoco このユーザーの他の記事を見る

愛犬と一緒に、海を眺めながら暮らしています。

権利侵害申告はこちら