記事提供:gooランキング

女性のアピールポイントの1つでもある「おっぱい」、人によってサイズや形が異なりそれぞれ個性がありますね。

大きくても小さくてもコンプレックスになってしまいがちですが、特に「貧乳」の場合はネガティブなイメージが強い印象があります。

そこで今回は「貧乳の実態」をアンケート、ランキングにしてみました。思わず驚く「貧乳の実態」とは、一体どのようなものだったのでしょうか?

1位 あおむけになると胸のふくらみが消える
2位 貧乳だけど痩せているわけではない
3位 自分の胸にフィットするブラが本当にない

4位以降のランキング結果はこちら!

1位は「あおむけになると胸のふくらみが消える」!

あおむけになるだけで「そこには何もなかった」という悲しい感想が伴う、「あおむけになると胸のふくらみが消える」が堂々の1位に輝きました。

比較的普通サイズの人でもあおむけになると左右に胸が流れてしまうのですが、貧乳の人の場合は「何も無い」ばりにふくらみが消滅してしまうそうです。

2位は「貧乳だけど痩せているわけではない」!

胸はないけど他の部分のボリュームはある、「貧乳だけど痩せているわけではない」が2位を獲得しました。

単純に「貧乳=痩せている」というイメージがあるのですが、腕や足、お尻やお腹のボリュームがあっても胸だけが無いという可愛らしい赤ちゃんボディの女性も多いんだとか。

3位は「自分の胸にフィットするブラが本当にない」!

むしろ巨乳よりもブラが無いとの話もある、「自分の胸にフィットするブラが本当にない」が3位にランク・インしました。

小さすぎるゆえにフィットするサイズのものがなく、カップをフィットさせれば全体がキツく、全体をフィットさせればカップがスカスカするという事が多いそうです。

いかがでしたか?

大きい胸だけが魅力的なわけじゃありません。可愛いらしいちっぱいに自信を持ちましょう!

ちなみにバストサイズは遺伝だけではなく生活環境も影響するそうで、生活習慣を見直したりするとサイズアップした、なんて事もあるようです。

今回は「衝撃!驚きの貧乳の実態ランキング」をご紹介させていただきました。気になる4位~49位のランキング結果もぜひご覧ください!

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。

有効回答者数:500名(20~30代男女各250名:複数回答)

調査期間:2017年7月4日~2017年7月7日

権利侵害申告はこちら