67年の歴史に幕を下ろす薬局店主に対し、出川哲朗さんがとった素敵すぎる行動。これが「なんという粋な計らい!カッコ良過ぎる!」「出川さんって本当にいい人だな。人を笑顔にする人だ!」とネットを中心に話題となっているので紹介したいと思います。

話題となっているのは、電動バイクのバッテリーを充電しながら日本全国を旅していくという番組「出川哲朗の充電させてもらえませんか(テレビ東京系)」内で放送された1シーン。

この日、出川さんは北海道・富良野から小樽を目指していたのですが、何気なく通りかかった商店街で、67年の歴史に幕を下ろす薬局「フタバ薬品」を発見。本来はラーメン店を目指していたの出川さんは、急きょフタバ薬品に入店することに。

ロケ日がちょうど閉店の日という奇跡のようなタイミング。そんな偶然に驚きながらも

「ちょっと!(それなら)買いますよ!目薬とか、リポDスーパーとか!」

と発言しながら、店内に入っていく出川さん。

すると店内には、寂しそうな表情で最後の営業を行う店主が。

出川「お父さん!こんにちは!今日で本当に閉めちゃうんですか?」

店主「ええ。本当に。」

出川「うわっ!残念!!!」

出川さんの気さくな振る舞いに、最初こそ戸惑いつつも、次第に心を許していく店主。昭和25年に開業したこと、元々は義理の父親がやっていたことを出川さんに話し始めます。

そんなお父さんの話しを真剣に聞く出川さん。その表情は心底感心した様子。その後、店主に

「やぁやぁ凄い!長い間お疲れ様でした!」

とねぎらいの声をかけハグをする出川さんだったのですが、ここから出川さんがさらに誰もが予想だにしない粋な計らいを行うのでした。

まず

「最後のお客になるかもしれない」

と品物を4点購入する出川さん。そして店外に出ると、たくさん集まったギャラリーの前で

「みんな~!この67年間頑張ったお父さんの薬屋さんが、今日閉店でございます!お父さん、お疲れ様でした!」

と発表!さらに万歳三唱をする出川さん。

すると、出川さんの優しさに感極まった店主は、たくさんのギャラリーが見守る前で涙腺崩壊。一人号泣するのでした。

長い間、地元の人々から愛されてきた「フタバ薬品」。

出川さんがもし通りかからなかったら、ここまでの感動的なフィナーレは訪れていなかったことでしょう。最後のお客さんが出川さんで本当に良かったですね。

■素晴らしい!マジで感動したよ!
■思わずもらい泣きした。出川さんの優しさが起こした奇跡だわ。
■ちょうどリアルで見てた。素なんだろうな。いい人だ。
■素敵な人だなー。最近ちょっと尊敬しちゃってる。

Twitterに寄せられていた称賛の声。ちなみに筆者もリアルタイムで見ていましたが、出川さんの男前すぎる行動に、思わず貰い泣き。本気で感動してしまいました。

「抱かれたくない男」No.1という汚名から一転、今や愛されキャラとして、子供から年配の方まで絶大なる人気を博しているお笑い芸人・出川哲朗さん。これからの活躍も大いに期待したいですね。

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら