記事提供:日刊大衆

放送開始から48年目を迎えた国民的アニメ『サザエさん』(フジテレビ系)。本作に登場する「堀川くん」というキャラクターをご存じだろうか。彼はワカメのクラスメイトで、一見まともに見える少年だ。

しかし、彼は本編の中でさまざまな“奇行”を繰り返し、ネット上で大きな話題になっている。そんな彼のブレイクのきっかけとなった「衝撃的なエピソード」をいくつか紹介していこう。

まず、堀川くんの奇行を世間に広めた「ホリカワくんの弟」の回。授業で「僕の弟」という作文を読んだ堀川くん。

「僕の弟はヘイキチと言います。ときどきキャッチボールをして遊びます」と読み上げたのだが、実は堀川くんは“一人っ子”で、弟など存在しない。

ワカメによると、堀川くんはヒト型のシミがついた塀を「ヘイキチ」と名づけて、キャッチボール(正確には壁当て)をしていたことが判明。

この強烈なエピソードを見た視聴者からは「軽くホラー」「すごいキャラが出てきた」といった感想が上がり、ネット上は騒然となった。

それ以前にも彼の怪しい行動はあった。「ホリカワくんの卵」という回では、養鶏場のひよこに「わかめ」と名づけた堀川くん。

それだけでも少し不気味だが、そのひよこが大きくなって卵を産んだとき、「人間のワカメに食べてもらいたい」と発言。この言動あたりから、視聴者は堀川くんに対して“ただならぬもの”を感じ始めたようだ。

その後も堀川くんは、磯野家の床下で、勝手にオタマジャクシを飼育。それがバレて注意されると「ごめん、今度は見つからないようにするよ」と“ズレた謝罪”。

さらに、不動産店を営む花沢さんの父に対して、「会社に行かないでビラを貼るだけで儲かるんですから」と失礼極まりない発言をするなど、堀川くんの奇行はエスカレートする一方。

そんな堀川くんを“変人扱い”するのは、もはやネット上だけではない。最近は本編中でも、堀川くんは「おかしな人」として扱われているようだ。

一番の被害者であるワカメは、堀川くんが少しでもおかしな行動をとると、露骨に嫌そうな表情をし、カツオは「彼が妹の友達と思うと泣けてくるよ」と発言。

さらにサザエや波平も、堀川くんのおかしな行動を聞くと「堀川くんらしい」と表現するなど、彼の奇行ぶりは磯野ファミリーにも認知され出している。

ほのぼのした『サザエさん』の世界に一石を投じる堀川くんの存在。彼の今後の活躍からは、いろいろな意味で目が離せない。

権利侵害申告はこちら