記事提供:日刊大衆

今年、本格的にブレイクし、『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)でも飛ぶ鳥を落とす勢いの活躍を見せるANZEN漫才のみやぞん(32)。

“芸能界一優しい男”として知られているが、それはまぎれもない事実のようで、これまでに数々の“いい人伝説”を残していた!

みやぞんのいい人ぶりを知らしめたのが、昨年10月15日に放送された『芸能人が本気で考えた!ドッキリさせちゃうぞGP』(フジテレビ系)のドッキリだった。

師匠と慕うどぶろっくの江口直人(39)から、中身がかなりヤバいというDVDを仕事現場で手渡されたみやぞんは、その帰り道に仕掛け人の警察官二人から職務質問を受け、DVDを発見されてしまう。

当初は誰にもらったかを「言いたくない」と拒むみやぞんだったが、素直すぎる性格が災いし、思わず口を滑らせるハメに。あわてたみやぞんが警察官の目を盗み、江口に電話で事情を説明したところ、江口は「俺が全部(罪を)かぶる」と返答。

それを聞くやみやぞんは「やめて、やめて!僕がやったって言うから!」と泣き出してしまった。そんな先輩思いのみやぞんに、ネット上では「義理堅いヤツだ」「すげー感動した」など称賛の声が相次いでいた。

さらに、今年3月17日に放送された『金曜★ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)での、“飲食店でファンからサイン攻めに遭う”というドッキリでも、みやぞんのいい人ぶりが話題になった。

ファンからサインを書いてほしいと手渡された紙おむつや卵の殻、布団のシーツなどにも嫌な顔をせず、次々にサインしたみやぞん。あげくに婚姻届の証人欄にサインしてほしいという、偽カップルからの無理なお願いもあっさり承諾していた。

しかも、後日行われた偽カップル両家の食事会に誘われたところ、それを断るどころか多忙な仕事の合間を縫って駆けつけるというサービス精神を見せ、視聴者を感動させていた。

また、3月13日放送の『ちょっとザワつくイメージ調査 もしかしてズレてる?』(フジテレビ系)では、そんなみやぞんのいい人ぶりを示すエピソードを母親が明かした。

母親によると、みやぞんは小学生時代に飼っていた金魚が死にかかった際、悲しそうな顔をしてその金魚を抱えると、なんと人工呼吸を始めたという。それを見てびっくりした母親から「何してるの?」と尋ねられたみやぞんは「生かすんだ!」と返答。

必死に人工呼吸を続けたところ、その思いが通じたのか、金魚は奇跡的に息を吹き返したというから驚かされる。どうやら、みやぞんの優しい性格はこの頃から変わっていないようだ。

その人柄の良さを武器にして、快進撃を続けるみやぞん。今後も新たな伝説を生み出してくれそうだ。

権利侵害申告はこちら