記事提供:日刊サイゾー

帰宅途中のサラリーマンたちのちょっとしたアルコール欲を満たそうと牛丼の吉野家が始めた「吉呑み」サービスが大好評だ。

同サービスは世間の「ちょい飲み」需要に対応して昨年から行い始めたサービス。店舗の一角を夜間の間「ちょい飲みスペース」にするなどして、アルコールや吉野家ならではのおつまみを提供。

「ちょい飲み」の輪を帰宅中のサラリーマンだけでなく、家族やグループ、カップルにまで拡大させてきた。

女性も楽しんでます!

先日、27日には渋谷区のイベントスペース「東京カルチャーカルチャー」でその「吉呑み」の1周年を記念したイベント「吉呑み酒場“納涼夏祭り”」が開催。

アルコールなど吉呑みメニューが食べ飲み放題&お土産付きとあって、販売されたチケットは完売し、会場には大勢の参加者が来場。それぞれが吉野家の『吉吞み』を満喫した。

広い会場が、あっという間にソールドアウト!

吉吞み1周年記念Tシャツ、ちょっと欲しいかも…。

カンパーイ!!

会場で出されたフードは牛皿や〆の牛丼はもちろん、煮玉子、肉豆腐、だし巻かず、ザックリQ太郎、さっぱりトマト丸、二代目・牛煮込み、紅生姜天、フライドポテト、枝豆、やみつき明太ポテマヨなど、「吉吞み」店舗で出されている人気メニューや新メニューばかり。

アルコールもビールやレモンサワー、ハイボール、ホッピー、焼酎、冷酒が飲み放題だった。

巻かないだし巻きこと「だし巻かず」。

ビールと合うんです、牛皿!

テーブルにはおつまみの数々が…。

もう1杯欲しくなります。

壇上には、主催のテリー植田氏も登壇。吉野家担当者を交えての吉野家のヒストリー&開発秘話に交わるトークが行われたほか、終盤には吉野家検定クイズなどのゲーム大会も行われ大盛り上がり。

筆者もさっそく会場にて、この「吉吞み」メニューを体験。牛皿や牛丼と合わせて飲むビールのおいしさをあらためて実感した!

イベント終盤には〆の牛丼も振る舞われ大好評。

ご婦人方も大満足でした。

今回の1周年記念イベントについて吉野家の担当者は「1周年を機会にもっと多くの人に気軽に『吉吞み』を楽しんでもらえれば」と願いを込めたと説明。

会場の盛り上がりについても「いろんな方に『吉吞み』の疑似体験を楽しんでいただけて嬉しい」と笑顔で、「ライバルとなるチェーン店も同様のサービスを行っていますし、吉野家ももっと努力をしていかないといけない。みなさん、ぜひ吉野家に来てください」とアピール。

帰宅途中に「ちょい飲み」したくなったら、次からは迷わず吉野家だ。牛皿でビールのおいしさをぜひみなさんにも体験してほしい!

権利侵害申告はこちら