世界でも高く評価されている日本の「和食」ですが、その中でも根強い人気を誇っているのが「駅弁」。とくに海外で暮らす日本人にとって、ご当地名物を手軽に味わえる駅弁には郷愁の念を強くするそうですよ。

なぜ駅弁は日本で100年以上も愛され続けているのでしょうか。NY在住で『メルマガ「ニューヨークの遊び方」』の著者・りばてぃさんは、日本の駅弁人気の謎と、アメリカの最新食事情について、楽しいエピソードを織り交ぜながら紹介しています。

日本の駅弁は体験の1つ

日本独特の文化である駅弁

蟹入り弁当やいか飯、牛肉弁当に穴子といった地元ならではの高級食材を使ったものから、幕ノ内そぼろ弁当といったシンプルなお弁当など様々。

日本のテレビの特集やお友達のSNSでの投稿など駅弁の話題が出る度にとても羨ましくなる日本のものの1つだ。

駅弁の起源については諸説あるものの、今から132年も前の1885年(明治18年)7月16日に日本鉄道(当時)が大宮─宇都宮間を開通し、それと同時に宇都宮の旅館の白木屋が、駅でお弁当を売り始めたのが駅弁の発祥と言われている。

おにぎり2個とたくあん2切れを竹の皮に包んで5銭で売ったそうだ。132年も前のこと。

その後、駅弁は広まり今では4千種類もあるという。

(ご参考)・駅弁「誕生」から132年、超素朴だった 最初のメニュー進化の歴史

駅弁ブームは度々訪れるが、また最近ちょっとしたブームのようで、東京駅にできた日本各地の駅弁が集まる「駅弁のアンテナショップ」にはつねに多くのひとだかりができているという。

(ご参考)・「全国の駅弁を売る店」が東京駅にあるワケ 使命は「地方の駅弁業者を元気にすること」

本当に羨ましい。

なぜなら、アメリカには駅弁がない

駅弁がないアメリカには何があるのか?

長距離電車として有名なアムトラック(Amtrak)にもない。じゃあ、電車に乗る前に何か買って乗ろう…と思っても、乗る街によるが、たいがいの場合、ファーストフードの選択肢しかなかったりする。

ちなみに、アムトラックの特急版にアセラ(Acela)というのがあり、そこには有料のカフェエリアやお食事が無料でついてくるファーストクラスがある。

まぁ、でも、日本の駅弁のように、ご当地食ではなく、一律にサンドイッチやオムレツなどなので、ビジネス旅行で何度も乗る方は飽きるのではないかなと思う。

(ご参考)・Acela Express Dining Offers More Choices Than Ever

もし、ご当地駅弁的なものがアメリカにあったとしたら、ニューヨークは何になるんだろう?

サーモンとクリームチーズを挟んだベーグルや、パストラミサンドといったユダヤ系料理が定番だろうか。

あとは結局、ハンバーガーやサンドイッチなど。

実際、アメリカの各空港にはその空港ならではご当地料理や有名レストランが入っていることもあるけど、結局は、ハンバーガーやサンドイッチだったりする。

今、アメリカでは、お寿司やラーメン、緑茶といった日本の食が人気だ。

お寿司、ラーメン、緑茶に関してはブームを超えて定着したといってもいい。

次は、これらの食を発展させて、アメリカにも駅弁ができたら面白いかもしれないだろう。

実際、アメリカのテレビ番組では料理コーナーが増えているように感じる。

料理のコンペティション番組は数年前から増加傾向にあるが、最近では朝晩のニュースに料理コーナーを見かけるようになった。

しかも、アメリカの料理に限らず日本やヨーロッパなど他の国の料理を紹介していて、見てて、勉強になるしけっこう楽しい。

以前よりもアメリカで食文化が高まっているのだと思うけど、背景には、ソーシャル・メディアや体験との関わりもあるのかもしれない。

権利侵害申告はこちら