生まれて初めて日本に訪れた外国人男性が、日本に滞在した30日間で面白かったモノや驚いたモノ、感銘を受けたモノをテーマに「Tokyo Gifathon」なるアニメ動画を制作。これが「ワクワクするわ!」「日本に行きたくなったよ!」と、たくさんの外国人を魅了していたので紹介したいと思います。

日本人なら当たり前の光景も、外国人にとっては驚きの連続!

外国人目線で日本を紹介するのは、イギリス・ロンドンを拠点にするグラフィックアーティスト&アニメーター“James Curran”さん。

Jamesさんは今年4月に約1か月間、東京に滞在したのだそうですが、その時の感動を動画共有サイト「Viemo」に投稿。これが海外の大手メディアに取り上げられ、ジワジワと拡散!現在、多くの人々が知られざる東京の姿に興味を抱いています。

なんだか新鮮!外国人にはこんな風に見えるのか!

まず一発目は、新宿・歌舞伎町にある複合施設「新宿東宝ビル」の実物大・ゴジラヘッドをアニメ化したJamesさん。

これは日本人が見ても、かなり衝撃を受けますが…

Jamesさんの目にはゴジラ、こんな風に映った模様。

何とも言えない世界観。これはハマる!

回転寿司は○○のように見える!?

次に回転寿司店に訪れたJamesさん。日本では当たり前の光景ですが…

目の前を次々に寿司が通り過ぎていく姿に、心底驚いたというJamesさん。

コメント欄には

「空飛ぶお寿司を食べたよ!」

と、その時の感動を綴っていました。

東京タワーは〇〇を思い起こさせる!?

スカイツリーの陰に隠れてしまった感はあるものの、50年以上の長きにわたって愛されてきた東京タワー。そんな日本のシンボル的な建造物は、外国人、特にイギリス人には…

絵本「ウォーリーをさがせ!」を思い起こさせるのだそう(笑)

「ウォーリーをさがせ! 」:1987年にイギリスで誕生。イラストレーター、マーティン・ハンドフォードによって出版された絵本。

三鷹の森ジブリ美術館では…

外国人に大人気の観光スポット「三鷹の森ジブリ美術館」。アニメの主役はやっぱり…

トトロ!(笑)

トトロの無限ループ。よっぽど印象に残ったんでしょうね。

他の客とは決して相席にならない個室スタイルのラーメン店「一蘭」。

ちなみに
Jamesさん。内装にも驚いたそうですが、一番驚いたのは…

“替え玉”というシステムだったのだそう。

替え玉: 麺のみを追加注文出来るシステム。

他にも、ホンダエンジニアリング株式会社が製造している、世界初の本格的な二足歩行ロボット「ASIMO(アシモ)」の見学や

築地にも訪れたというJamesさん。

通勤風景には度肝を抜かれた!?

では、日本人が見てもワクワクするアニメ「Tokyo Gifathon」をどうぞお楽しみ下さい!

出典 Vimeo

日本ってこんなに面白い国だったのか!

滞在中、地震を味わったというJamesさん。

イギリスではあまり地震が起きないそうなので、相当驚いたに違いありません。

Vimeoの“STAFF PICK(おすすめ動画)”に選ばれるほどの注目を集めている「Tokyo Gifathon」。

Jamesさんは他にも、ニューヨークやロサンゼルスを訪れた際のアニメも制作・公開していますので、興味を持った方はチェックしてみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら