記事提供:サイゾーウーマン

双子育ててたら大変すぎて痩せそう。

6月12日に男女の双子を出産したビヨンセ(35)が、産後1カ月半で妊娠中に増えた体重をほぼ落としたと一部メディアで報じられている。第一子を出産した時「88キロまで増えた」と告白。

今回はそれ以上に増えているかも、と噂されていただけに「安易に痩せた・戻ったと報じるのはプレッシャーを与えることになり、よくないのでは?」という声も上がっている。

今年2月2日、たくさんの花に包まれて下着姿でヴェールをまとい、愛おしそうに大きいおなかに手を当てた写真をインスタグラムに投稿し、双子の妊娠を発表したビヨンセ。

同月12日に開催されたグラミー賞のパフォーマンスでは、観音さまのような神秘的な妊婦ダンスを披露した。

ヘッドライナーに決定していた4月のコーチェラ・フェスティバルへの出演は「ドクターストップがかかった」として来年に延期されたが、代打にレディー・ガガが出演することになりファンも納得。

ビヨンセは安心して妊娠生活を満喫し、産前祝いのベビーシャワーもつつがなく行われ、6月12日に無事男女の双子を出産した。

双子だったため、多くのメディアが推測していたように早産で、黄疸を発症して通常より長く入院していたものの、適切な治療を受けて退院。

カリフォルニア州マリブにある家賃月40万ドル(約4474万円)の超豪邸で、新生活をスタートしたと報じられている。

長男の名前は、夫ジェイ・Z(47)の本名にちなんでサー・カーター、次女の名前はルミと命名。

長女のブルー・アイビーに続いて今回もキラキラ・ネームだと失笑する声もあったが、7月14日には妊娠発表時と似たような構図で双子を抱く写真をインスタグラムで公開し、全米が祝福ムードに。

13日の夜にはラッパーのヴィック・メンサのパーティーに夫婦で出席する姿がパパラッチされ、「体形が戻ってる!」「本当に妊娠してたのか?」と話題になった。

もちろん、服装やヘアスタイル、メイクで体形や体重をごまかすことは、いくらでも可能。「産後1カ月で元通りはない」「コルセットか何かでごまかしてるんでしょ」という反応が大半だった。

そんな中、ビヨンセが「双子妊娠中に増えた体重を、ほぼ落とした」と報じられたのだ。

米の芸能ニュースサイト「HollywoodLife.com」は、ビヨンセに近い情報筋の話として「ビヨンセは本当にすごい。ろくに眠れていないのにエネルギーにあふれ、生き生きとしている」とコメントを掲載。

「初めての双子育児をする母親のほとんどが、この時期、てんてこ舞いで頭が回らない状態だというのに、ビヨンセはものすごく活発で華やかなんだ。もちろんビヨンセとジェイ・Zには、ナニーやスタッフが大勢いるから助かっている部分もあるけれど、彼女は人任せにはしないタイプだからね。そもそも母乳で育てているから、きちんと睡眠をとることはできない」

「まぁ、ビヨンセは短時間睡眠でも、いつもベストな状態を保ってきた人だからね。睡眠不足でも、常にシャキッと頭がさえているんだよ!」と絶賛する言葉を紹介した。

この情報筋は続けて、「ビヨンセを見たら、数週間前に双子を産んだなんて信じられないと思うよ」「妊娠中に増えた体重はほとんど落ちているんだ。彼女の体は産後急速に元の状態に戻ったんだよ…見事なもんだよ!」と告白。

「ビヨンセは、助けてくれるスタッフ全員に感謝をしているんだ。そして、自分だけで双子を育てている全ての女性に畏敬の念を抱いている」という、決して驕ることのない彼女のエピソードを紹介。

「ビヨンセとジェイは、“これからどんどん楽になるはずだから”と自分たちに言い聞かせているんだ。と同時に、このクレイジーな状態をありのままに受け入れ、互いに寄り添って支えあえることを神に感謝している」とも明かした。

同サイトでは6月末に、産婦人科医師の「多くの女性は妊娠中に体重が9~18キロほど増加する。双子を妊娠している場合には、18~22キロほどの体重増加が見込まれる」というコメントを伝え、「双子を出産後には、おなかの筋肉が伸びてしまっている状態なので、できるだけ早くエクササイズを始めるのがよいだろう」「もちろん帝王切開の場合は、回復を待たなければならない」「母乳育児をすると、体重が早く減る」とのアドバイスを掲載していた。

双子育児の先輩マライアは「マジでオー・マイ・ゴッド」

確かに双子妊娠は体に負担がかかり、体重が増えることが多いとされている。6年前に双子を出産したマライア・キャリー(47)は、妊娠中に体重が31キロ増加したと告白。

有名なダイエットプログラム「ジェニー・クレイグ」と契約を結び、痩せた体をCMで披露して大きな話題になった。

マライアはロージー・オドネル司会のトーク番組で「産後1週間で18キロ減ったわ。これはむくみで増えた体重が減っただけなんだけど」「で、プログラムを始めて、絶対に減らさなくちゃいけなかった13キロを落としたってわけよ」とタイトなミニドレスを着て、スリムになった脚を見せびらかしながら笑顔で明かし、世間を驚かせたものだった。

確かにマライアは妊娠中、日を追うごとに体が大きくなり、出産直前はとても苦しそうだった。

夫だったニック・キャノンを従えてド迫力のマタニティヌード撮影までしていたが、妊娠性糖尿病を患ってむくみに苦しみ、妊娠後期には医師から安静を言い渡されるなど、つらい妊婦生活を送っていたのだ。

一方ビヨンセは、今回の妊娠中に、いくつかの写真を公式サイトやインスタグラムで公開。どれもおなかだけが大きくなっており、「双子を妊娠しているのに小顔で手足の太さも変わらず、さすが!」と話題になった。

だが同時に、外出時には、パパラッチたちに全身や顔を撮られないようにカバー。

それでも撮られてしまった背中や顔の写真からは、相当な肉がついていることが確認でき、ネット上では「公開している写真は画像修正している」「やっぱり、かなり体重が増えている」「マライアと同じか、それ以上じゃないか?」「ただただデカい」という声が上がった。

「前の妊娠でもめちゃくちゃ体重が増えたんだし、今回はさらにすごいことになりそうだ」と心配する者も少なくなかった。

長女ブルー・アイビーを産んだのは、12年1月7日。同年5月にはライブを行い、出産前と変わらぬ姿でステージに復帰し「奇跡」だと騒がれた。13年1月にはオバマ大統領の2度目の就任式で国歌斉唱したものの、のちに「口パク」だと発覚。

「出産して声が出なくなったのでは」と陰口を叩かれたが、2月のスーパーボウルのハーフタイムショーで激しいダンスを踊りながら生歌を披露。圧巻のパフォーマンスに、全米が度肝を抜かれた。

この年の12月、ビヨンセはビジュアル・アルバム『BEYONCE』を電撃リリース。

その後、公開したアルバム撮影秘話ドキュメンタリーで、妊娠中に体重が88キロまで増え、このアルバムに収録された「Partition」MVのために死に物狂いで29キロ減量したことを告白。そのプロ根性に世間が脱帽した。

前回は自然分娩したビヨンセだが、今回は帝王切開で出産したと伝えられている。もしかしたら、出産と同時に、腹部のたるんだ皮膚や脂肪を除去するタミー・タックと呼ばれる整形手術を受けた可能性もなくはない。

美容整形まとめサイトのQ&Aにも、美容整形外科医の「最後の妊娠ならば、帝王切開時にタミー・タックすることは可能」というコメントが掲載されている。とはいえ、ほとんどの医師が「体が回復する産後6カ月は待たないと危険」と警告。

先日パパラッチされた時は、コルセットでおなかを締めていた可能性のほうが高そうだ。

今月21日には妹のソランジュと共に「FYF Fest 2017」へ繰り出し、ヘッドライナーを務めたミッシー・エリオットを応援。

ミッシーがその時に記念撮影した写真をツイッターに投稿したのだが、ビヨンセは体形をカバーするようなトップスを着ており「やっぱり体形を気にしている」「こう見ると全体的にむちっとしている」と囁かれた。

今年2月に「双子のママとして、ビヨンセにアドバイスを!」と求められたマライアは、「双子って本当に大変よ。オー・マイ・ゴッド!」「個人的には、双子を妊娠、出産する中で変化していく体が、本当につらかった」としみじみと語っていた。

直後に「でも双子って最高よ。2人にしか通じない言葉で話をしたりするの。爆笑ものよ」と笑顔を見せていたが、マライアの言う通り、ビヨンセも双子妊娠・出産による体の変化には、大変な思いをしていることだろう。

プレッシャーをかけないためにも、体重に関する報道は、当分控えたほうがよいのではないかと思わずにはいられない。

果たしてビヨンセは、今回も「死に物狂い」の減量に励み、完全に妊娠前の体形に戻すのだろうか?ブルー・アイビーの相手をし、双子に母乳を与える合間を縫っての減量は相当きついだろう。しばらくは外野も温かい目で見守っていてほしいものだ。

権利侵害申告はこちら