記事提供:Techinsight

北川悠仁、笑福亭鶴瓶、岩沢厚治。

ゆずの北川悠仁はX JAPANの大ファンだと公言しており、ヒット曲『栄光の架橋』は彼らのような壮大なロックバラードをイメージして作ったと明かしている。

そんな北川が相方の岩沢厚治と7月24日放送のNHK総合『鶴瓶の家族に乾杯』に出演、鶴瓶と千葉県館山市で行ったロケを振り返った。

6月21日の朝10時30分頃、ゆずの2人は館山市相浜の漁港に到着した。かなり強い雨の中、傘を差しながら「誰もいないんじゃないですか?」と不安げだ。

鶴瓶が「行き当たりばったり」「一期一会ばっかり」と常々口にする番組だけに、どうなるのか全く予想がつかない。

やがて鶴瓶と合流して数件を巡った後に、年配のご夫婦が営む民宿にお邪魔する。ご主人はもともと横浜でタンカー船に乗っていたので娘さんも横浜に馴染み、進学・就職してそのまま暮らしているという。

横浜出身のゆずは思わぬところで繋がり「すごい縁ですね」と感じ入った。

その後、ゆずと鶴瓶がそれぞれ別行動でアポなしロケする中、ゆずは「なかぱん」と呼ばれて人気のあるパン屋さんに行きつく。

女性専務の森さんが気さくに話してくれ、息子さんは横浜で就職したと聞き「出た!また横浜!」と口にする北川だったが、娘さんが体育教師をしている地元の高校を知ってさらに驚くこととなる。

専務におすすめの場所を尋ねると「娘が剣道部の顧問をしている安房高校に行かれたら?インターハイの予選が近いのでガンガンやっていると思いますよ」と教えてくれた。

彼女はさらに「X JAPANのYOSHIKIさんたちの母校です」というので、北川は「ええ~!知らなかった!」「行かなきゃダメじゃんオレ!」と目を丸くした。

安房高校でその娘さんは不在だったが、校長室に通してもらう。そこには校長とYOSHIKIが並ぶ写真が額に入れられており、北川は「近くで見ちゃっていいですか?」とYOSHIKIへ向けて拝むように手を合わせた。

彼は「僕たち、今日は何も調べずにここ(館山)にポーンと来て…」「僕がX(JAPAN)の大ファンで」「Xさんに出会うとはな~」と感慨深げに話すので校長も「そうなんですか?」と意外そうだ。

ちなみに校長から館山市の行政放送で夕方5時になるとX JAPANの『Forever Love』が流れると聞き、北川は「え!もうすぐじゃないですか!」と舞い上がるが金・土・日祝日のみだと説明されて肩を落とした。

笑福亭鶴瓶はその頃、「悠々自適 田舎暮らし」と謳う看板に興味を持ち不動産屋を訪れていた。

社長から仲間7人で「七人の侍」と銘打ってミニ道の駅を作ろうと活動し直売所・健人館が出来た経緯などを伺ううちに、机の上にX JAPANの記事が飾ってあるのを見つけた。

社長は「ToshlとYOSHIKIが館山の安房高校出身で我々の後輩なんです」という。しかも彼らが中学時代から練習していたスタジオが取り壊されることとなり、社長たちがそれを移設して保存する会を作ったというではないか。

鶴瓶は近くにあるそのスタジオに連れて行ってもらう。

「Musee des Jeunes Gens MJG」と書かれた建物の中に当時のスタジオがそのまま移設されて、壁には「HIDE X」や「YOSHIKI」のサインが残っている。

社長によると映画『We Are X』の撮影を館山で行った際にYOSHIKIがこのスタジオを訪れ、YAMAHAのドラムセットに座って「しばらく動かなかった」という。

VTRでそれぞれのロケを見終えた北川悠仁は「意外な形で繋がった。鶴瓶さんとは離れていたのに最終的にX JAPANに繋がって…」と不思議そうにしていた。

彼はゆずがデビュー20周年となることについて、横浜の路上ライブから始まり今では会場のサイズは変わったが「一期一会というかそのお客さんでしか生み出せないものを大事にやってきたので、これからもそんな感じで」やりたいという。

今回のロケで「一期一会」の先に大きなものがあることを再確認したのではないだろうか。

権利侵害申告はこちら