記事提供:日刊大衆

ポカリスエットのCMといえば、これまで多くの若手女性タレントが出演、その後ブレイクを果たしてきた。CMのイメージガールたちは、皆、爽やかなイメージが強い美女たちだ。

そこで今回は、ポカリスエットCMに出演していた歴代美女の中で「最も思い出に残っている人」を、10代から50代の男性200人に聞いてみた。

第5位(9.5%)に選ばれたのは、歌手の森高千里(48)。『私がオバさんになっても』などのヒット曲で有名な森高は、1999年に俳優の江口洋介(49)と結婚。40代後半の今も、二児の母とは思えない美貌の持ち主だ。

そんな森高のデビューのきっかけがポカリスエットのCM。86年に「第1回ポカリスエット・イメージガール・コンテスト」でグランプリを受賞し、糸井重里(68)とCMで共演を果たした。

そのCMは、電車の中でポカリスエットに関する俳句を詠んだり、二日酔いの糸井にポカリスエットを渡したりする内容だ。ちなみに森高は、2012年にもポカリスエットのCMに起用されている。

第4位(10%)は女優の宮沢りえ(44)で、40代、50代から多数の支持を集めた。

トップアイドルとして活躍していた10代後半の頃に“ふんどしカレンダー”や、篠山紀信(76)撮影による衝撃的な写真集を発売して注目を集めていたが、最近は落ち着いた演技を見せる女優、ナレーターとして活躍している。

ポカリスエットのCMには1988~90年まで出演。特にサーフィンに挑戦するCMが人気で、彼女の初々しい表情と健康的なスタイルは、多くの男性にインパクトを与えた。

続いて、女優でタレントの一色紗英(40)と深田恭子(34)が同率(14%)で、第2位にランクイン。一色は30代から多くの支持を集めた。

清純派女優として活躍しながら、バラエティ番組で時折見せる天然キャラが人気だった一色は、92~94年までCMに出演した。

南国の海ではしゃぐ一色の姿が印象的なCMは、CMソングに使用された織田哲郎(59)やZARDの曲とともに、記憶に残っている人も多いのではないだろうか。

もう一人、同率第2位の深田は、意外にも50代からの支持が圧倒的だった。深田が同CMに起用されたのは、30代に突入した2013年のこと。他の人たちがCMに出演したのはデビューした頃が多いのに対し、深田は異色の起用ということになる。

このCMで深田は、セクシーな人魚姫を演じて話題になった。そして何より比較的最近のCMということで、年配男性の記憶にも強く残っていたのかもしれない。

そして見事、第1位(18%)に輝いたのは、女優の綾瀬はるか(32)。幅広い年代から支持されたが、特に20代からの票が目立っていた。綾瀬は01年に女優デビューを果たしたが、04年頃まではグラビアアイドルとしても活動。

その後、ドラマ『世界の中心で、愛をさけぶ』(TBS系)でヒロイン役に抜擢されてブレイクした。ポカリのCMには『セカチュー』の翌年、05~06年に出演。

CMではセクシーな水着姿で海で遊んだり、Tシャツがびしょ濡れになるシーンもあった。そんな綾瀬の大胆なCMに、ドキドキした男性も少なくないはずだ。

ランキングを振り返ると、綾瀬や深田のように、現在もドラマで一線級の活躍をしている女優と、現在はあまり露出していない女優が混在する結果に。中でも一色は、現在はほとんどテレビ出演していないにもかかわらず2位に選ばれた。

全盛期の一色がポカリのCMで残したインパクトが、今でも多くの男性の記憶に残っている証ともいえるだろう。

現在のポカリスエットCMは、モデルの八木莉可子(15)が出演中。このCMをステップに、今後八木がどんな活躍を見せてくれるのか楽しみだ。

権利侵害申告はこちら