記事提供:しらべぇ

女優の矢田亜希子(38)が、公式ブログに20年前の写真と現在の写真を掲載し、38歳の今のほうが美しいと話題になっている。

■18歳より38歳が美人に見える不思議

矢田がブログに写真をアップしたのは、7月21日。20年ぶりに続編が放送されたドラマ『ぼくらの勇気 未満都市 2017』(日本テレビ系)の放送にあわせて、スズコという役を演じた18歳当時の写真と、38歳現在の写真を掲載した。

18歳当時の写真は少しギャル風でキツめの顔をした美少女だが、現在は、小顔で洗練された大人の女性に成長している。

■38歳一児の母に見えない若さ

2枚目の写真は、白い歯を見せて満面の笑みを浮かべている。ボーダーシャツにパーカーという飾り気のない服装で、メイクも薄く見えるが、とても38歳の一児の母とは思えない爽やかな美貌だ。

■ネット上でも絶賛の声多数

ネット上でも、矢田の若さと美しさに対する賞賛の声が多数…。

矢田亜希子というと、どうしても思い出してしまうのが、かつて結婚していた元俳優の押尾学(39)だ。保護責任者遺棄致死および麻薬取締法違反の罪に問われ、実刑判決を受けた押尾とは、2009年に離婚している。

■天性の女優は苦労が顔に出ない?

その後、シングルマザーとして子供を育てている矢田の人生は波乱万丈だが、苦労が顔に出ておらず、上品な美女のままだ。

大きなスキャンダルにみまわれながらも清潔感を保っており、スレた雰囲気がこびりつかない所を見ると、やはり矢田亜希子は女優向きの女性と言えそうだ。

権利侵害申告はこちら